ダイエット成功のヒントは日常にあり! 「痩せ癖をつける日常の過ごし方」3選

写真拡大 (全4枚)

「時間は全ての人間に平等に与えられている」と言いますよね。

ですが…同じ状況下にいても、私達には「違い」というものが生まれます。それはナゼなのだろう…? 答えはとってもシンプル「時間の使い方が各々に違うから」。

ダイエットにおいても同じこと。「太る人」と「痩せる人」とでは日常の過ごし方に違いがあるのかもしれません。流行しているダイエット方法を試す前に…まずは「痩せ癖をつける日常の過ごし方」を身につけてみませんか? ♡

痩せ癖をつける日常の過ごし方01
「エスカレーターより階段」





通勤時に利用する「駅」、休日のショッピング時に立ち寄る「デパート」、住んでいる場所「一軒家」「マンション」…etc必ずある「階段」。私達の日常には“階段”の存在があり1日に何度も見かけますよね。そんな階段を「しんどいから」と避けてはいませんか? エスカレーターやエレベーターを使って楽をするのではなく、ぜひ階段を有効活用しちゃいましょう。階段を選ぶ癖をつければ、自然と1日の運動量も増えます。1年365日…換算すれば物凄い「違い」が生まれるはず。

痩せ癖をつける日常の過ごし方02
「駐車場で遠い場所に車を停める」





ショッピングモールやスーパーなどの駐車場に車を停める時、「時間を少しでも短縮したい! 」などの理由で、ついつい近い場所を探してしまう方も少なくないのではないでしょうか? ですが、近い場所はどうしても混み合うため、空いている場所を見つけるまでに沢山の時間を使ってしまいます。逆にロスタイムになっている可能性もあるということ…。時間を有効的に使うためにも「遠い場所に停める」ことを選ぶ癖をつけませんか? 歩く距離も増えて軽い運動になります。グルグルと何度も同じ場所を通って停める場所を探している無駄な時間とは、おさらばしちゃいましょう♡

痩せ癖をつける日常の過ごし方03
「落ちたものを拾う時は“しゃがみ込む”」





何か物を落としてしまった時「うわ〜、面倒! 」と感じ、手だけ動かして取ろうとしてはいませんか? 物を落とした時も体を動かすチャンスです。立っている時であれば“しゃがんで取る”、座っている時であれば“椅子から降りてしゃがんで取る”といった癖をつけましょう。スクワットのような動きになるので、これだけでも軽い運動になります。またデスクワークをしておられる方は、脚を動かすことで浮腫み回避にも繋がります。「夕方になると足がパンパンで痛い! 」と悩んでいる方こそ、「物が落ちた時は体を動かすチャンス」と思い積極的に動いてみて♡

美は1日にして成らず…「痩せ癖をつける日常の過ごし方」を身につけて、ダイエット成功の第1歩を踏み出そう♡





癖がつくまでの間は「面倒だな」と感じますが、そこはキレイになるためにも根気良く頑張ってみて! 癖付いた頃には「体型の問題」だけではなく「生活面の向上」にも気づくことができます。

時間を有効に使えるようになれば、1日のパフォーマンスが今よりもっと向上し、ダイエットに励む時間も増やせます…♡ 1度周りにいるキレイな女性の過ごし方を観察してみて? 彼女達の過ごし方には「ダイエット成功へのヒント」がたくさん隠れているはず…♡

今回紹介した3つの過ごし方は、一見「遠回り・時間がかかる」ように思いますが「結果的には効率がよくなる」ものばかりです。ダイエット成功への近道は「遠回り」こそが最大の近道なのかもしれませんね…♡