SEVENTEEN、デビュー当時を振り返る「不思議なことだらけだった」

写真拡大

SEVENTEENが「ピクニックライブ 遠足」でデビュー当時を回想した。

SEVENTEENは8日に韓国で放送されたMBC every1「ピクニックライブ 遠足」で、「いつのまにかデビューして2年が過ぎた」とし、当時を振り返った。

彼らは「初めてのアルバムがリリースされた時、本当に嬉しかった。僕たちの歌をスマホで聴くというのが不思議だった」「不思議なことだらけだった」と打ち明けた。

続いて「そんなだったのに、すでにアルバムを6枚もリリースした。今回のニューアルバムもデビュー時のように緊張した」と伝えた。