@AUTOCAR

写真拡大

NSXはEVに? 0-100km/h加速2.5秒

次期ホンダNSXは、完全なバッテリー駆動モデルになるかもしれない。

モーターのスペック上のパフォーマンスは、

モーター:4基搭載
0-100km/h加速:2.5秒
0-200km/h加速:6.2秒

となっている。つまり、ポルシェ918スパイダーを凌駕するエレクトリックモンスターなのだ。

同社で研究開発を率いる関野陽介は、将来的にオールエレクトリックのNSXを検討していると明かした。

これは、およそ1000馬力というパイクスピーク用レーサー「4-モーター・アキュラEVコンセプト」のデモ走行の場で語られた新事実である。

次期NSX 登場は2023年以降?

関野は、「パイクスピークカーの技術はたいへん興味深いです。たんにコンペティションカーと捉えるのではなく、個人的にはこのようなモデルを生産化したいと考えています。1000馬力近い出力を発揮するこのクルマのテクノロジーが、いつの日か生産モデルに投入されるかもしれません。わたくしたちは、何が可能なのか現在検証しているところです」と語ってくれた。

現行のNSXは登場したばかりである。このため、次世代型がローンチされるのは2023年より先の可能性が高い。そのころには、バッテリーの技術も大幅に進歩していることだろう。