英ロンドン・イズリントンの英総選挙開票所に到着した労働党のジェレミー・コービン党首(2017年6月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英総選挙で与党・保守党の獲得議席が過半数割れとなる見込みとなったことを受け、最大野党・労働党のジェレミー・コービン(Jeremy Corbyn)党首は9日、自らの選挙戦が「政治を良い方向に変えた」とコメントした。

 コービン党首は、ツイッター(Twitter)に「最終結果がどうなろうと、われわれの前向きな選挙戦は政治を良い方向に変えた」と投稿した。出口調査では労働党が予想以上に躍進し、テリーザ・メイ(Theresa May)首相率いる保守党は第1党を維持するものの単独過半数には届かない見通しとなっている。
【翻訳編集】AFPBB News