8日、環球時報は在韓米軍への高高度防衛ミサイル追加配備が事実上中断された問題で、「米軍の反応がすごい」とし、同軍関係者の1人が「長期間発射台が放置された場合、使用ができなくなる恐れがある」と懸念を表明したと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年6月8日、環球時報(電子版)は在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)追加配備が事実上中断された問題で、「米軍の反応がすごい」とし、同軍関係者の1人が「長期間発射台が放置された場合、使用ができなくなる恐れがある」と懸念を表明したと伝えた。

韓国・東亜日報によると、同関係者は、発射台が長期間放置された場合「性能の低下と誤操作を招く可能性がある」と指摘。米軍関係者は「数カ月にわたって発射台が点火されなかった場合、故障が頻繁に起きるようになる。速やかに配備し、システムを最高の状態に保つ必要がある」と説明した。

韓国・聯合ニュースによると、韓国青瓦台(大統領府)の関係者は7日、THAAD配備用地の約70万平方メートルが戦略的環境影響調査の対象になっていると表明。すでに配備済みの発射台2基と早期警戒用Xバンドレーダーには影響がないとしている。

今後は大統領府に報告されていなかった発射台4基の環境影響調査が行われるが、終了までに最長で2年かかる可能性があるという。(翻訳・編集/大宮)