英ロンドンのパブに設置された投票所前で飼い主を待つ犬(2017年6月8日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】投票所の前に並ぶシェパードにプードル、ピンシャー、パグ…。8日に総選挙が行われた英国では、有権者に連れて来られたペットの犬たちも列を成した。

 飼い主らは投票所で犬の記念撮影をして、それをツイッター(Twitter)に投稿。英国各地から約8000匹の犬の写真がハッシュタグ「#dogsatpollingstations(投票所の犬)」を付けてツイートされた。

 ネットで拡散された犬の写真には、選挙のピリピリしたムードを和ませる効果も。英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)は、選挙疲れがあるかもしれないが、「私たち英国人が絶対に飽きないものが一つある。投票所でペットの写真を撮ってネットに投稿することだ」と書いた。
【翻訳編集】AFPBB News