『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』シーズン7

写真拡大

本国アメリカで2009年から放送され、大ヒットを記録したミステリードラマ『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』。そのシーズン7よりNGシーン集の一部が解禁された。

お調子者のミステリー作家リチャード・キャッスル(ネイサン・フィリオン)と、堅物な刑事ケイト・ベケット(スタナ・カティック)がコンビを組み、数々の難事件を解決していく本作。解禁された映像では、この名コンビが捜査に当たる中でそれぞれミスをしたり、スタナや同僚役のジョン・ウエルタス、シーマス・デヴァーが次々に面白い表情を披露したりと、本編同様にコミカルで軽妙な場面が多数収められている。さらには、ネイサンがあのキャラクターの性別を取り違える事態も発生。この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

待望の新シーズンは、ベケットとの結婚式へ向かう途中でキャッスルが忽然と姿を消すという衝撃の展開でスタート。この謎に満ちた失踪事件の真相究明に加え、あの連続殺人鬼"3XK"が再び姿を現し、キャッスルとベケットの運命を翻弄していく。果たして、二人が本当に結ばれる日はやってくるのか?

一般投票で決定されるピープルズ・チョイス・アワードの最も好きなクライム・ドラマ賞を4年連続で獲得したほか、エミー賞にもノミネートされた『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』シーズン7は、DVDレンタル&発売中、全話デジタル配信中。(海外ドラマNAVI)