矢作兼(おぎやはぎ)

写真拡大

8日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの矢作兼が、相方・小木博明が番組収録中にケガをしてしまう理由を明かした。

小木は6月22日放送予定のバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の海外ロケ中、プールで転倒し、右鎖骨を骨折する重傷を負った。小木はこの日のラジオ放送を大事を取って出演を取りやめ、矢作ひとりで番組に臨んでいる。

矢作は事故当時の状況について「知らない」と語ったものの、小木は同種のケガをよくやらかすと指摘した。そして、「小木はね、意外とああ見えて真面目だからね!」「(危険でも)やるのよね、ちゃんと」と、よくケガをする理由を明かしたのだ。

そんな小木を、矢作は「『なんだよ、ちゃんとやれよ』って言われたときの言い訳に命を懸けるタイプ」としての自分と対比させた上で、「(番組を)面白くしようとしたとは思うんだけどね」と推測していた。

【関連記事】
おぎやはぎ・小木博明 骨折治療せず帰国便に乗っていた
小木博明 狩野英孝の謹慎解除に辛らつ発言「誰でも代わりはいる」
小木博明 田中聖容疑者をめぐり持論「ベロを出す人は危ない」