北朝鮮の地対艦ミサイル(CG)=(聯合ニュース)

写真拡大

◇北メディア「新型地対艦巡航ロケット、初の発射実験」
 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が立ち会う中、新型の地対艦巡航ミサイルの実験に成功したと報じた。同通信は「国防科学院は既存の兵器体系より技術力をさらに向上させた巡航ロケット(ミサイル)を新たに研究・開発し、初の発射実験を進行することになった」とした。韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は前日に南東部の江原道・元山付近から短距離の地対艦巡航ミサイルを数発発射した。

◇国会政務委 公取委トップの人事聴聞報告書採択の見込み
 国会政務委員会は9日午後に全体会議を開き、公正取引委員長候補の金尚祚(キム・サンジョ)氏に対する人事聴聞の経過報告書の採択について話し合う。最大野党の自由韓国党を除く与野党は報告書の採択に合意する見通しだ。自由韓国党は金氏を不適格と判断し、会議にも出席しないとの姿勢を示している。
◇全国的に曇り にわか雨の地域も 
 9日は全国的に曇りで、ソウルや京畿道、忠清北道北部、江原道西部、慶尚北道北部の内陸部など一部の地域では突風や雷を伴うにわか雨が降ると予想される。降水量は5〜20ミリで、ところによって、ひょうが降る恐れもある。
◇失業手当受給者 国民年金保険料支援の希望者多数
 政府が失業給付金の受給者に対し国民年金の保険料を支援する事業を始めてから10カ月で、申請者が30万人を超えたことが9日、分かった。国民年金公団によると、5日時点で申請者は30万404人に上る。高齢化が進む中、長い老後の生活に備え、職を失っても老後資金の準備は続ける必要があるとの認識が広がっているようだ。