竜星涼、告白本を書くなら「芸能界について」話題作の見どころとは

写真拡大

入江悠監督が手がける『22年目の告白−私が殺人犯です−』は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原竜也)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

本作で、牧村の後輩刑事・春日部信司を演じているのは、映画『ライアーゲーム―再生―』で映画デビュー、『orange-オレンジ-』『君と100回目の恋』といった話題作、4月から始まった連続テレビ小説『ひよっこ』などに出演している、竜星涼さん。このインタビューでは、現場での先輩俳優とのエピソードや見どころなどについて語っていただいた。

――先輩刑事役の伊藤さんの印象は?

いい兄貴分じゃないですけど、良くしてくださいましたね。僕は英明さんとのシーンがほとんどだったのですが、とても気さくに色んな話をしてくださいました。それに、主役の居方というか佇まいは、すごく勉強になりました。自分が主役で出させていただく場合、自分の役にアプローチする機会は多くありますが、他の人の役に対しても親身に思ったりとか、周囲に対して広い視野をこれだけ持てるといいんだろうな、と感じました。役者やエキストラの方を含めて、現場を引っ張る統率力みたいなものがすごくある方でしたね。

――まさに背中で語る“男”という感じですね!

そうですね。すごく印象に残っているのは、「作品っていうのはDVDまで売れなければいけない」という言葉です。作品が面白くて映画としてヒットすればいいかもしれないですが、DVDやBlu-rayなどを何度も何度も見ても面白いと思ってもらえる作品を作るというのがやっぱり大事なんじゃないかな。そういう熱さみたいなものが伝わってきて、聞いていてすごくいいなと共感しました。そこまで考えたことはなかったのですが、そこまで愛される作品を僕らは作るべきなんだろうなと。そういう使命を持って作る気持ちが大事なんだろうなと思いました。

――主演を務めた藤原さんの印象はいかがでしたか?

実際にお会いしたらフランクに話しかけてくださいますし、気さくな方でした。それに皆さん気さくな方たちばかりで、藤原さんと英明さん、(早乙女)太一くんが一緒にいた時は、みなさんお子さんがいらっしゃるので、子どもについてお話されていました。

――緊張感溢れる展開が続く作品の現場でまさかのパパトークが……

そうなんです(笑) でも、みんな職人気質というか、自分がやるべき仕事をちゃんとやっているという感じがすごくしましたね。だから出来上がった作品を見ても、前半とかは藤原さん演じる曾根崎は憎い野郎でしかないのに、最後はいろんな思いを抱くキャラクターになっています。それは本当に素晴らしいなと思いますし、そういう方々とこの作品で一緒にクルーの一員になれたというのは自分の中で誇らしいです。

――本作のポイントの1つとなる「告白本」ですが、竜星さん自身が執筆するならどんな内容になりそうですか?

芸能界についてとかですかね(笑) とはいえ、普通の学校に行っていた高校生が、なぜ、どうやって芸能人になったのか、僕自身も今でもわからないですから、今のところ特に内容はないんですけどね(笑)
――ありがとうございます。それでは最後に本作の見どころをお願いします!

面白い脚本や映像をどう編集していくのかな、と僕自身もワクワクしていたのですが、想像以上にすごかったです。これだけ編集して、差し込んで、こんな風になるんだって、演じている時はわからなかったけれど、出来上がった作品を見て、入江監督という素晴らしいクリエイターの手腕に感激しました。ストーリーがわかっていても何度も楽しめるというのは大きいですし、エンターテイメントとしてものすごく大きい作品になりました。より多くの方に見てもらわないといけないと思うし、こういう社会性の強い作品というのはどんな世代でも見られると思います。「ああ、何か考えさせられるな」みたいに感じるところもありながら、エンタメとしてもしっかりと成り立っている。それが本作の大きな見どころだと思うので、ぜひ、劇場に足を運んでください!