「シロ/モン」<ファインセラミックス>
ファインセラミックスによる四角形の板を、鏡や窓、絵画に見立てて空間に配置し、現実世界に空白 / 余白を表現

2017年6月9日(金)から7月9日(日)まで、京セラ株式会社の本社ビル 1Fにある京セラ美術館にて、2017年特別展「リン / テン ファインセラミックスと芸術の交感」が開催される。焼きものでの表現活動を行う若手作家の上田順平氏が制作した約20点の新作を公開。京セラ株式会社のファインセラミックスを素材として活用した陶芸作品を中心に展示が行われる。入場無料、会期中無休で、開館時間は10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)。ファインセラミックスは、自動車やスマートフォンなどの部品として幅広く用いられているが、芸術の観点では、素材としての魅力はあるものの、加工の難しさなども影響して現在までほとんど扱われていない。本展は、上田順平氏からの「ファインセラミックスを使用して、新たなジャンルのやきもの作品に挑戦したい」との申し出から実現した。展覧会タイトルの「リン / テン」は、臨界 / 輪郭 / 隣接などの「リン」と、反転 / 展開 / 接点などの「テン」という個別の意味に加え、「輪転(輪廻)」という意味も込められたもの。シンプルなようで複雑、無機質なようで生命力に溢れた作品によって、非日常的な世界を体感できる。

「ホウ/イ」<レンガ生土>
人が手のひらで水をすくった動作から、文明や利器が生まれて発展したとする物事の成り立ちを表現

■期間:
2017年6月9日(金)〜7月9日(日)

■開催場所:
京セラ美術館
京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6 京セラ株式会社 本社ビル 1F

■問い合わせ先:
京セラ株式会社
url. http://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/
▷こちらもおすすめ

話題の回転おもちゃ「ハンドスピナー」を装着したiPhoneケースが続々登場

 

示温インクを用いた「コカ・コーラ」の新パッケージが登場!冷やすと氷のイラストが浮かび上がる仕掛け

 

Spigen、エアコン吹き出し口にワンタッチで取り付けられるスマホ用車載ホルダーを発売