プレミアムフライデーは「プレミアム」?

写真拡大

2017年2月24日を皮切りに、経産省主導で「プレミアムフライデー」がスタートした。毎月末金曜日は、午後3時で仕事終了、残業なしというこの企画。実際に働く人や企業にどれくらいプレミアムフライデーが浸透したのかを調査した。

■プレミアムな金曜日はこう使いたい!

2月24日、経済産業省と経団連などが推進する、官民連携肝入りの「プレミアムフライデー」(以下PF)がスタート。個人の消費喚起、余暇充実を目的とするこの企画、4月末時点の実施申請企業・団体数は6532社にまで拡大(プレミアムフライデー事務局データ。4月24日現在)。飲食店や旅行会社では、PFに向けたお得なキャンペーンを展開し、消費アップに期待がかかっている。

そこで、「プレジデント ウーマン」では、実際に、働く人々や企業にどれだけPFが浸透しているか、独自に読者アンケートを実施。結果は、まだ実行していない企業・個人が約9割に上ったが、現場で働く人々の生の声から、主導する政府や経団連の思惑とはかけ離れ、PFキャンペーンの問題点が多々見えてきた。

しかし、本当にPFを実施できるなら何がしたいかという問いには、「家族とゆっくり過ごしたい」が約34%ともっとも多く、「友人や同僚などと外食」「自己研さん/海外旅行など」が続いた。さらに、理想のPFのフリーアンサーから、6つの夢のPFプランをプレジデントウーマン編集部が独自にまとめた。きっといつかのPFに実行できる!

▼1000人調査で見えてきた!

Q1. まだ実施していない企業が85%超え。会社は実施しても自分はできなかった人も約5%。特に2回目(3/31)は、年度末でもあり、業種によっては忙しくてPFどころではないのが実情。

Q2. 今後実施するか不明な企業約60%。消費を迎え入れる側のサービス業では、PFははなから無理。営業部隊も顧客に左右され、さらに製造業などは一斉実施には至れないジレンマが。

Q3. あなたが考えるPFの課題は何ですか?
▼現場だから見える! PFの課題はコレ
・各社独自の実施日の設定、取得方法は個人選択に
・有休扱いや、午後休扱いされる職場はどうする?
・すべての業種で強制実施が必要
・政策と現実の格差がありすぎ
・PFよりも全日ノー残業を推進すべき

Q4. PFを体験していなくても、やはりPFにやりたいことはある。早く帰宅し家族とゆっくり過ごしたい人が多数。なかには、セミナー参加や勉強の時間に充てて自己研さんを積みたいと考える人も。社内懇親会や、街コンの参加を希望する声も上がった。

■時間別プレミアムフライデー・プラン

自由選択でどの金曜日にも取得OKなPFなら、こんなことをしてみたい! アンケートの声から見えてきた“夢のPFプラン”をご紹介。

プランA(金曜日15:00〜22:00)
いつもの+3時間を、飲んで買って、楽しいひとときに

(1)ビール片手に野球観戦。ゆったりショッピング
プレイボールから観戦が可能に。また、いつもは時間に追われるショッピングもゆっくり堪能。気の置けない友人や仲間と明るい時間からワインで乾杯も。

<プレジデントウーマン編集部より>
▼提案
・PFはカジュアルデーとして、ジーンズ&スニーカー出社を可能に!
・PF手当支給で、もっと消費行動アップ。
・15:00〜のPFハッピーアワーを。
・PF異業種交流会や街コンの実施を。
▼課題
・サービス業には、PFに代わる休暇や時間の還元を。

(2)毎日忙しいからこそ、PFは家で濃密な時間を
残業続きで家族との時間が希薄になりがちならば、PFは早く帰宅し家族と過ごすのもオススメ。独身だって、家飲みはもちろん、自宅でのんびりリフレッシュも可能。

<プレジデントウーマン編集部より>
▼提案
・非正規社員にも、PF分の給与支給を。
・全業種がPFは15:00〜18:00で業務終了し、帰宅を。
▼課題
・子どもにもPFがないと家族が揃わない。
・まずは、全企業の週休2日制を徹底。

プランB(金曜日15:00〜土曜日、日曜日)
金曜夕方から1泊2日〜2泊3日の小旅行が可能に

(1)ちょっと遠出して温泉旅行にGO!
午後3時に終業して、2〜3時間もあれば温泉地に到着。ゆっくりとお湯に浸かって日頃の疲れを癒やしたい。のんびりと宿で食事をし、まったりして過ごすのも格別な時間。一人旅でも女子旅でも、また親孝行にもオススメ。

(2)贅沢に自然と一体化できるグランピング体験
都心のベイエリアをはじめ国内数カ所にある「グランピング」施設で、高級ホテル並みのサービスを受けられる気軽で優雅なキャンプを。ワイワイ楽しめるBBQや、星空の下での語らいでPFを非日常体験デーに。
※グランピング=グラマラスとキャンピングを合わせた造語

(3)都心のホテル滞在でゴージャスなスパを堪能
非日常体験はしたいけれど、遠くに行きたくないなら、都心のラグジュアリーホテルでのスパがオススメ。贅沢なトリートメントの後は、ルームサービスで都会の夜景を眺めながら、ひとり優雅な時間を過ごしてみては?

<プレジデントウーマン編集部より>
▼提案
・PF特別割などで、交通機関も割安に。
・この日は無税に!
▼課題
・一斉実施で、新たな混雑の懸念が。
・PFの開始時間が中途半端。

プランC(金曜日15:00〜月曜日)
有休を1日プラスすれば、3泊4日の海外旅行も可能に!
<週末ドバイ旅プラン>
Day1:金曜夜:直行便でGO!
Day2:早朝ドバイ着〜観光など
Day3:ドバイ観光など
Day4:早朝便:月曜夕方〜夜、日本着

▼近場のアジアよりほんの少し足を延ばして、ドバイへ
せっかくのPF。いつもの近場旅ではつまらない。有休をプラスして、もう少し先の中東はいかが? たとえばドバイ。日々ハードワークをこなす女性にとって、そこは楽園そのもの。女一人旅でも安心な治安、ネオンきらめく天に届くほどの高層ビル群、ゴージャス気分を高める高級ビーチなど、異世界への入り口が私たちを待っている。金曜午後からスタートするプレミアムな週末は、非日常体験してこそ最上級のホリデーに変化。これから始まるあなただけのPFをもっと夢見て!

(プレジデントウーマン編集部 戌亥 真美 イラスト=ヤマグチカヨ 写真=ドバイ政府観光・商務局)