「スイス・アーミー・マン」ティザービジュアル (C)2016 Ironworks Productions, LLC.

写真拡大

 ダニエル・ラドクリフが死体役で主演を務めた映画「スイス・アーミー・マン」の特報映像が、このほど公開された。あわせて、水しぶきを上げながら海を疾走するラドクリフと、共演のポール・ダノの姿を収めたティザービジュアルが完成した。

 映画は、無人島で助けを待つ青年が、死体とともに帰還を目指す異色のサバイバルアドベンチャー。島に助けが来ないことに絶望し、自ら命を絶とうとしたハンク(ダノ)は、浜辺に男性の死体が打ち上げられていることに気が付く。死体からはガスが発生しており、浮力と推進力があることが判明。ハンクは意を決して死体にまたがり、島からの脱出を試みる。CMディレクター出身のダニエル・クワンとダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ)が、長編初メガホンをとった。

 このほど公開された特報映像は、今まさに首を吊ろうとしていたハンクが、浜辺に横たわる男性を見つけるシーンからスタート。希望を胸に近づいていくものの男性は死んでおり、音を発しながらガスを出している。それが屁だと気が付き思わす顔を背けるが、死体は屁を動力源に海を進んでいく。映像の最後には、ハンクが死体を水上オートバイ代わりに意気揚々と島を後にする様子が描かれており、2人の奇想天外な物語の幕開けを感じさせる仕上がりとなっている。

 「スイス・アーミー・マン」は、9月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。