画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Amazonがクラウドストレージサービス「Amazon Drive」のサービスプランを改定し、容量無制限プランを廃止した。新プランは6月8日から提供される。

Amazonが提供していたUnlimited Everythingプランは、年額59.99ドルで容量無制限、ファイルの種類を問わずにオンラインストレージにアップロードできた。そのUnlimited Everythingを廃止して、年額11.99ドルの100GBプランと年額59.99ドルの1TBプランに改めた。そして1TBプランに、ユーザーが1TBを年額59.99ドルで追加できるオプションを用意。1アカウントあたり最大30TBまで拡大できる。全てのAmazonユーザーが利用できる無料オンラインストレージは5GBで変わらない。また、Primeユーザー向けの写真サービス「Primes Photos」では、引き続きユーザーが容量無制限ストレージを使用できる。

Unlimited Everythingプラン契約者は180日間の猶予期間に、クラウドに保存しているファイル容量に見合ったプランを契約し直しなければならない。180日間を過ぎてユーザーが利用できる容量を超えるファイルがクラウドに保存されている場合は、新しくアップロードされたファイルから削除される。

日本でもアマゾンが「Unlimitedストレージ」を年額13,800円で提供しているが、同様のプラン変更が行われるかは不明。