マエケン夫妻に「モアナ」監督がプレゼント

写真拡大

ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」のMovieNEX(4,000円/税別)の発売日が、7月5日に決定した(※先行デジタル配信は6月28日から)。これを記念して、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手の妻・早穂夫人が、ジョン・マスカー監督、ロン・クレメンツ監督、プロデューサーのオスナット・シュラー氏にインタビューを行った。

早穂夫人は、アニメーション・リサーチ・ライブラリー(住所非公開)を訪問。ライブラリーでは監督たちにより、5年間もの時間を費やしたリサーチの後に描かれたコンセプト・アートが、どのような過程で1つの作品に仕上がって行くかという解説を受けた。

そのほかにも主題歌の「How Far I'll Go」についての想いや、ポリネシア地方へのリサーチなど制作時のエピソード、当初の設定と変更になった点などについても話が及んだ。

また、当日はサプライズプレゼントとして、ジョン・マスカー監督から、主題歌「How Far I'll Go」を引用した「To Saho and Kenta with your talents who knows How far you'll go?(あなたがたのような才能があれば、どんな事も乗り越えていける)」の直筆メッセージ付きの「モアナと伝説の海」をイメージしたイラストがプレゼントされた。

イラストは「砂浜で投球フォームの前田選手と主人公のモアナ風の衣装を着た早穂夫人がオールを持ってバッティングフォームを構える」という内容で、ジョン監督からの世界に1点しかないプレゼントに受け取った早穂夫人は「すごいです!私たち2人のイラストですが、モアナの雰囲気もしっかり出ていて感激です!」とコメントした。

取材終了後は、前日登板し投打に活躍した前田投手本人が、「モアナ」ファンの娘と駆けつけ、監督たちと野球談議に花を咲かせた。