北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、米国に対して「旧態依然として勝算のない軍事的対決を追求し続けるなら、与えられるものは悲惨な終えんだけだ」と警告する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「核を放棄して自分らに従順であれば生きることができるが、核をとらえて自主的に進めれば絶対に許せないという米国の白昼強盗さながらの論理はわれわれに絶対に通じない」と指摘した。

また、「敵が地上であれば地上、海上であれば海上、空中であれば空中のどこから侵犯してもすべて撃退できる防衛能力と任意の個別的目標も針の穴に糸を通すように正確に打撃できるように高度に精密化された核攻撃能力を備えているということが実物によって実証されたわれわれの白頭山革命強兵の強大無比の軍事力にかなう者はこの世にいない」と主張した。

さらに、「米国が数え切れないほど多くの侵略と戦争挑発で他国、他民族の自主権と運命をむやみに翻弄しながらも、自国の地に一発の砲弾も落ちなかったと自慢していたことが今や、昔話になった」と述べた。

そのうえで、「正義の核をとらえたわれわれによって自分らの巣窟が火の海と化しかねないという恐怖心を米国は一時も払拭できなくなった」と強調した。