クリニカアドバンテージ コートジェル

写真拡大

ライオンは2017年7月26日に「クリニカアドバンテージ コートジェル」を全国で改良新発売する。

就寝中に歯を強くしてムシ歯を防ぐフッ素ケアジェル。改良品ではフッ素濃度を引き上げる。

フッ素濃度を引き上げ

フッ素には「歯垢の細菌の活動を抑え、酸が作られるのを抑制する」「歯質を強化する」など、ムシ歯の発生・進行を防ぐ作用がある。また、フッ素の活用により、ムシ歯の一歩手前である「初期ムシ歯」を健康な状態に戻す再石灰化作用を促進できるとされる。

「予防歯科」先進国のスウェーデンなどでは、ハミガキなどに配合するフッ素濃度は国際基準(ISO)を採用しており、その上限は1500ppm。日本では17年3月に、同上限のハミガキの販売が認められた。

「クリニカアドバンテージ コートジェル」改良品ではフッ素濃度を1450ppmに引き上げて新発売する。

60グラム入り、オープン価格。