日本代表がイランへ出発!選手が空港で撮りまくった「オフショット」を見る

写真拡大

シリアとの強化試合を終えた日本代表。

13日に予定されているイラクとのワールドカップ予選は中立地のイランで開催予定であったが、議会が占拠されるなどテロ事件が同時多発的に発生した。

試合を行うかどうかについてアジアサッカー連盟(AFC)から未だ発表はないが、日本代表の選手たちは8日、午前中に東京都内で練習を行うとテヘランへと向かった。

成田空港のラウンジで出国の時を待っていた選手たち。

よほど時間を持て余していたのか、多くの選手達が同時刻に記念写真をTwitterに投稿していた。

長友佑都は川島永嗣と2ショット!

キャプションにある通り、「ゴリ兄弟」な2人だ。

アウェイのイラク戦に向けて出発。 勝点3を掴めるよう頑張ります!
Takuma Asanoさん(@asatakugram)がシェアした投稿 -

シリア戦は後半からの出場となった浅野拓磨。

一緒に写る遠藤航、久保裕也、中村航輔はともにリオ五輪世代であり、今回の合宿でも仲良くやっているようだ。

ちなみに、この写真は久保裕也も自身のInstagramで紹介している。

吉田麻也は今野泰幸、酒井宏樹、大迫勇也の3人とパシャリ。

出自も世代も所属チームもバラバラの4人だが、吉田と酒井はロンドン五輪を戦ったメンバーだ。

今からイラン🇮🇷へ出発‼︎ ワタル、元気、マッキー、ウガの浦和組。 いってきまーす‼︎ @haraguchi_genki_official
槙野智章 Tomoaki Makinoさん(@makino.5_official)がシェアした投稿 -

槙野智章は浦和レッズでともにプレーした選手たちと。

こうした写真を見ていると、代表チームのなかで誰と誰が一緒の時間を過ごしているのかいろいろと窺えそうだ。