Photo by cinemacafe.net

写真拡大

現在、テレビ東京系にて放送中の「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助」。この度、6月16日(金)放送の最終回に、2002年から放送されたアニメ版「釣りバカ日誌」で主人公・浜崎伝助を演じた声優・山寺宏一が出演することが決定。アニメ版とドラマ版の“ハマちゃん”の夢の共演が実現する。
“ハマちゃん”こと浜崎伝助役を濱田岳、“スーさん”こと鈴木一之助役を西田敏行が演じる本作。今回出演が決定した山寺さんが演じるのは、ある日、ハマちゃんが訪れる釣り具店の店長。一体2人はどんなやりとりを繰り広げるのか? コミカルな掛け合いに注目だ。

ドラマ版の「釣りバカ日誌」には第1シーズンから注目していたと言う山寺さんは、「その頃、僕はまだ『おはスタ』に出演していて、そこで番組のことをご紹介させていただいたりしました。でもまさか自分が出演することになるとは思っていませんでした(笑)」と心境を語り、「映画も大好きでしたけど、ドラマになって濱田さんがハマちゃん、西田さんがスーさんを演じるという素晴らしいキャスティング。そこに出演できることを嬉しく思っています」とコメント。

また濱田さんとの共演については、「彼が『金八先生』に出ているときに、武田鉄矢さんとの絡みを見て『彼は天才だ!』『すごい子がいるよ!』って周りに話していたんです。その後、プライベートで一緒にご飯に行く機会があって、そこで彼に思いのたけを伝えたことがありました(笑)。今回2人の絡みだったので、台本を読んだときに『うわぁ〜やりたい!』って思って。濱田くんと共演できて本当に嬉しかったです」と喜び、濱田さん演じるハマちゃんについては、「これはみんなが思っていることだと思いますが、はまり役だと思います。これ以上ピッタリな人は絶対いないだろう」と絶賛。最終回については、「非常に大切な最終回です。僕の出番は少しですが重要なシーンだと思うので、ぜひ楽しみにしていて頂きたいです!」とメッセージを寄せた。

さらに最終回では、ハマちゃんとスーさんはイワナ釣りに出かける。そこで、地元に住む美女・滝沢鮎子役と出会いスーさんは心奪われるのだが、その鮎子役を、壇蜜が演じることも決定した。

そして6月9日(金)今夜放送の第7話では、アジ釣りに出かけた浜崎伝助と鈴木一之助は、“釣りバカ女子”の 祐実と出会い、意気投合。祐実がゼネコン志望で就職活動中だと知った伝助は、後日意気揚々と社内を案内するが、なぜか祐実は社長の話ばかりを聞きたがる。一方、一之助は釣り具店で祐実と再会した際、釣りに誘われ上機嫌に。だが一之助が伝助にうそをつき、祐実との釣りを優先させようとしたため2人は大喧嘩! 互いに「師弟関係を解消する」と言い出す。約束の日、一之助が新師匠の祐実との釣りを楽しむ中、伝助はみち子と久しぶりのデートへ。みち子のリクエストで人気クレープ屋へ行くと、そこで意外な人物と再会し…。そんな中、パリの大学に誘われていた藤岡祐一郎(浦井健治)は、みち子へ想いを募らせ、ある決意を固める…というストーリー。

ハマちゃんとスーさんの師弟関係が崩壊の危機に陥るきっかけとなる“釣りバカ女子”祐実役には、元ハロー!プロジェクトメンバーで、『覆面系ノイズ』『坂道のアポロン』への出演も決定している真野恵里菜。また第7話には、「おはスタ」のおはガール、さな、さーちゃん、ゆうなの3人が出演。彼女たちがどんなシーンに登場するのかは観てからのお楽しみ。

金曜8時のドラマ「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助」は毎週金曜日20時〜テレビ東京系にて放送。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
比嘉愛未、「釣りバカ」で初の母親役に挑戦! 「新たな役柄への挑戦」
山寺宏一&加藤浩次ら吹替声優続投!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
山寺宏一、“七色の歌声”に注目!『SING』本編映像
舞台「煉獄に笑う」小野健斗&納谷健ら全キャストのソロビジュアル公開!
井上芳雄&坂本昌行、『ラ・ラ・ランド』楽曲をデュエット