ラン女子の美肌を守るビタミンは取るべき時間があった!

写真拡大

美肌のために走るならビタミン摂取はランの前or後?

ビタミン自体はラン前に摂取してもいいのですが、問題なのはビタミンが多く含まれる食品。特に、かんきつ類に含まれるビタミンCは、肌ケアに役立つ栄養素なのでたっぷりと取りたいところ。しかしレモン、オレンジは注意が必要。その他、アセロラ、キウイ、イチジク、キュウリといったビタミンC豊富な果物や野菜も取るタイミングには気をつけたい。

なぜならそれらに多く含まれる「ソラレン」という成分は、紫外線に過敏に反応して肌にダメージを与える「光毒性」という性質を持つからです。このソラレンを多く含む食品を食べた後に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着や肌荒れ、シミやシワが発生しやすくなります! そのためこれらの食品は、できれば走った後に食べるようにしましょう。

どんなビタミンを摂ったらいいの?

ランニング前に摂取するなら、まずは抗酸化ビタミン以外で抗酸化力の強い成分を摂取したい。中でもおすすめなのが「アスタキサンチン」を多く含む食材。この成分は、ビタミンCの約6000倍もの力を持つ最強の抗酸化物質。鮭やエビ、カニの殻に含まれる赤い成分。フルーツのように手軽に摂取することは難しいが、朝食を鮭のおにぎりにするなど工夫して! また3食の中でアスタキサンチンが豊富な食品をとるようにすれば、若々しさを長い間維持できるはず。

ちなみに、美肌目的でキュウリやレモンのパックをする人もいるが、ソラレンが豊富な食品を肌に直接つけるのは厳禁です!

【走る前に食べるのがおすすめ】
アスタキサンチンを多く含む食品
紅鮭、イクラ、金目鯛など

【走った後に食べるのがおすすめ】
ソラレンを多く含む食品
レモン、オレンジ、アセロラ、キウイ、イチジク、キュウリなど

また、美肌といえば日焼け対策も重要です。日焼け止めは30分〜1時間に1回こまめに塗ること。日焼けをして肌が乾いたら化粧水をこまめにつけることを繰り返したり、コットンに化粧水を含ませて肌の上に置いたりして、保湿を徹底的に行いましょう。

 

ライター:幸 雅子
出典:『ランニングスタイル』Vol.99「走るなら、どっち?」
監修:篠原絵里佳(管理栄養士)
写真:大見謝葉月、黒木なつみ