画像は『iOS 10』のコントロールセンターです。

機内モードやWi-Fi・Bluetooth・ライトなど、何かと使うことが多いコントロールセンターが『iOS 11』で大きく進化します。

ボタンの種類・配置をカスタマイズ可能に

以前から要望する声も多かった「どのボタンを表示するか」・「ボタンをどこに置くか」といった、コントロールセンターのカスタマイズが行えるようになります。

ただし、以下のボタンは位置を変えたり、非表示にしたりすることはできません。

ネットワーク(機内モード・モバイルデータ通信・Wi-Fi・Bluetooth・AirDrop・インターネット共有がまとめられたもの)再生中の曲明るさ音量回転ロックNight ShiftAirPlay

『iOS 10』のように、コントロールセンターのページが操作・音楽に分かれている仕様ではなく、1つの画面にすべての機能が収まります。

1画面にボタンが収まらない場合、コントロールセンターを縦にスクロールできるようになります。

ニュースサイト『iDownloadBlog』が、新しくなったコントロールセンターを紹介する動画を公開しています。

iOS 11でコントロールセンターに追加できる新ボタン

以下のボタンがiOS 11で追加され、コントロールセンターに加えることができます。

アクセシビリティのショートカットアクセスガイドApple TV RemoteアラームWallet拡大鏡画面収録ストップウォッチ低電力モードホーム(家電制御)ボイスメモメモ文字サイズ

iOS 10のコントロールセンターにある「おやすみモード」・「カメラ」・「計算機」・「タイマー」・「ライト」はiOS 11でも使えます。

各ボタンの機能も3D Touchで強化

3D Touchに対応した『iPhone 7』や『iPhone 6s』では、コントロールセンターの各ボタンを強く押すことで、様々な機能が使えるようになります。

たとえば「再生中の曲」には、普段は曲名と「前曲」・「再生/一時停止」・「次曲」ボタンが表示されているだけですが、強く押すと出力先を変えたり、音量を調整したり、再生位置を変えたりできます。

「ネットワーク」も強く押すと、AirDropやインターネット共有のオン・オフを切り替えられるようになるそうです。

3D Touch非対応機種ではどうなる?

iDownloadBlogによると、3D Touchに対応していない機種ではこれらの機能はいっさい使えません。

3D Touch非対応機種は『iPhone 5s』・『iPhone 6』・『iPhone SE』です。

AirDropのオン・オフはコントロールセンターで行えないことになりますが、iOS 10ではコントロールセンター以外で設定はできません。iOS 11では設定アプリからオン・オフを設定できるのでしょうか。

すべての機種が3D Touchに対応していないiPadでも同様の仕様になるのか、気になるところです。

現在のiOS 11は開発途上のベータ版なので、今秋の正式リリースまでの間に仕様の変更・機能の削除が行われることもあります。続報が入り次第お伝えする予定です。

参考

Video: hands-on with iOS 11’s highly customizable Control Center - iDownloadBlog