2016年10月、ニューヨークを中心に鉄道やバスを運営するMTAが、「容器に収まらない限り、犬が地下鉄に乗ることを禁止する」というルールを設けました。しかし、ニューヨークには「どうしても愛犬と地下鉄に乗りたい!」という愛犬家が多くいるようで、地下鉄内ではカバンの中にスッポリ収まって借りてきた猫のように大人しくなってしまった犬の姿が多数見かけられるようになっています。

NYC subway riders will get their dogs on board no matter what anyone says

http://mashable.com/2017/06/07/nyc-subway-dogs-in-bags/

地下鉄で見かける犬について、Twitterユーザーが「ニューヨークの地下鉄がバッグに入らない犬の乗り込みを禁止したものの、ニューヨーカーたちは期待を裏切らなかった」というツイートをしたところ、なんと約17万回もリツイートされました。このツイートと同じように電車の中で見かけた「カバンに収まった犬」の写真がTwitterやInstagramなどのSNS上に大量にアップされています。



カバンから頭だけひょっこり出した犬



バックパックにすっぽり収まる犬も



トートバッグの中に長毛犬が入っているのですが、パッと見は人の頭のようにも見えて、もし電車の中で見かけたならギョッとすること間違いなし。



あのIKEAのバッグは犬のキャリーバッグとしても使用可能なようです。



カバンにくっついたファー……かと思いきや、犬でした。



かなり大きなサイズの犬でもカバンの中にスッポリ収まるようで、地下鉄の乗客の人気者になっています。



めちゃくちゃ自然にカバンの中に収まる犬。中型犬くらいのサイズでしょうか。

Another one for my dog in a bag in a #NYC subway series. S Raiさん(@sonahere)がシェアした投稿 - 2017 3月 6 5:35午後 PST


カバンに穴を開け、もはやカバンに入っているのか服を着ているのかわからないといった使用例も。



なお、2016年10月以前からカバンの中に犬を入れて持ち歩くニューヨーカーはいたようです。



また、ニューヨーカーの中には犬だけでなく、他の生き物を連れ歩く人もいる模様。以下の写真はまさかの生きたカニを手で持ったまま電車に乗っている人の様子。