麗しい女優たちに挟まれ”両手に花束”状態な”おディーン様”ことディーン・フジオカ

写真拡大

ディーン・フジオカ主演の映画『結婚』(6月24日公開)の完成披露試写会が角川シネマ新宿で行われ、結婚詐欺師の主人公・古海健児役のディーンをはじめ共演女優陣と西谷真一監督が登壇。女優陣が現場でも完璧だったディーンについて語るなか、萬田久子が「彼の弱点を見つけました」と暴露するなど、盛り上がりを見せた。

【写真を見る】萬田久子の、まさかのディーンの弱点暴露に、本人も思わす爆笑

「犯罪者なので、どうしたもんかなと。結婚詐欺は犯罪です」と苦笑いしながら挨拶を始めたディーン。「でもそういう生き方を選ばざるをえなかった理由が彼にはあって、共感できる部分もあったり、放っておけない魅力的なキャラクターになったらいいなと思っていました」と真面目に話していたが、続けて「“だまして”って書いてあるよ」とプレートを掲げたファンの姿を発見。すると、あちこちから「だまして〜!」と黄色い声が飛んだ。

共演女優たちもディーンに魅了された様子で、「社交ダンスのレッスンがあったのですが、本当に優しくて。失敗しても『もう一度やろう』と。全部、委ねちゃいました(柊子)」、「変なところを見られるかなと思っていましたけど、常にディーンさんはディーンさん、健児でした。徹底してプロフェッショナル(中村映里子)」、「イジワル心で、ちょっと歯に青のりとか付いてないかなとか見るんですけど、全くない。常に完璧で、常に真摯に接してくださる。『惚れてまうやろ〜』という感じでした(松本若菜)」と続々証言。

「本当に爽やか過ぎて、どこか腹黒いところを見たかったんですけど」と、ディーンを観察していた貫地谷しほりも「撮影の合間には監督とずっと脚本について話されていました」と良い意味で肩透かし。過去に騙された女役の安藤玉恵は「私はデートのシーンがなかったんです。私もしたかったです!」と恨み節を口にした。

2度目の共演となる萬田は「私はディーンが遠いところを見ている感じが好き。それがね、女性の『私を見て』という気持ちを刺激するんでしょうね。ディーンが結婚詐欺師だったら、分かっていても騙され続けてあげる」と話すと、拍手があがる場面も。さらに「私、ディーンの弱点をひとつ見つけたの。耳が寒いでしょ。あ、この人、耳が弱いんだって」と暴露し、会場からは笑いが。冬の撮影現場で耳にカイロをつけていたそうで、「そうなんです。基本、寒いのが苦手で」とディーンも認めていた。

そしてNHK連続テレビ小説「あさが来た」を含め、3度目の仕事となる西谷監督が「これからの日本映画界を背負っていく可能性のある人。未知数な部分も多々ありますが、市川雷蔵さんや佐田啓二さんのような、一本通っている、地の足のついた役者というのは滅多に会えないんですけど、彼は会うたびに成長されていて、今回は難易度の高い芝居を見事にクリアされていて感動しました」と言葉を贈る。

監督の言葉にディーンも「ありがとうございます」と頭を下げ、最後に担当した主題歌について「作品の一部になるよう、かつ楽曲として独立したものにもなれば」とコメント。「映画の中で、古海の独白みたいなものがないので、彼の胸の中にどういうことが起こっているのか描写できれば…と思って作りました」と思いを語った。【取材・文/トライワークス】