東京のオシャレでフォトジェニックなカフェ情報を、等身大の女の子たちと一緒にお届けしていくこの連載。
Vol.12の今回は、雨の日でもわざわざ訪れたくなるほど魅力的な渋谷の隠れ家カフェ「Bookcafe days(ブックカフェディズ)」♡

渋谷の騒がしさを抜け、ひっそりとたたずむ穴場カフェ


にぎやかな渋谷の駅前を抜けて徒歩で15分ほど。木の優しい匂いがただよってきそうな、こぢんまりとした入り口が目印です。


この日はちょっと肌寒いシトシトと降り続ける雨の1日。ですが、こんな雨の日にこそブックカフェディズのゆったりした時間が心にしみます。
中に入ると、オーナーさんがにっこりと笑って暖かい席に案内してくれました。

店内には子どの頃に夢中になった絵本がいっぱい
「Book cafe days」の名前にふさわしく、店内は絵本でいっぱい。子どものころに夢中で読んだ本や、今でも宝物のように部屋のどこかに眠る名作まで、ぎっしりと並んでいます。



店内の優しい木の雰囲気に包まれて、なんだか気分は子どものころにタイムスリップしたみたい。


気づけば最近、こんな風にゆっくり過ごすことが少なくなったな……なんて、改めて自分と向き合ってみたり。外は車通りも少ないので、自分の世界にどっぷりと浸ることができます。BGMの雨の音も、耳にとっても心地よいです。

心も体も癒やされる看板メニュー「しそご飯のオムライス」
絵本と一緒に楽しみたいのが、しそご飯の上にふわっふわの卵が乗った、その名も「しそご飯のオムライス」。ひと口食べると優しいしその香りが広がって、初めて食べる味なのになぜか懐かしい気持ちになります!



ソースやドレッシングなども手作り。まごころこめて作られた料理は、どれも心を癒やしてくれます。しそご飯のオムライスの他には「本日のカレー」や「ナポリタン」など美味しそうな料理がずらり。


ブックカフェディズは、疲れた自分がリセットされていくような、癒やされ度120%な場所でした! 好きな彼と静かに話を楽しみたい……そんな気分のデートの日にもおすすめですよ♡



のちのココがおすすめ♡


木の色味がとってもおしゃれでノスタルジックな入り口! さし色は木の茶色に映える鮮やかな赤がおすすめ。真っ赤なかわいい傘をさしてお出かけしてみてください♡


Access
住所:東京都渋谷区鶯谷町15番10号 ロイヤルパレス渋谷105
TEL:03-3461-1554
営業時間:12時〜21時(月曜定休日)

店舗情報はこちら
(古性 のち)