齊藤工監督 (C) 2017「blank13」製作委員会

写真拡大

斎藤工が「齊藤工」名義で長編監督デビューをはたし、本年度のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞(作品賞)」を受賞した『blank13(ブランクじゅうさん)』。5月末日には、この映画が2018年2月3日よりシネマート新宿にて限定公開されることが発表されたが、新たに本作が6月17日から26日まで開催される第20回上海国際映画祭に参加することがわかった。

[動画]斎藤工?空前絶後?の新境地に立つ心境語る/『ブルーハーツが聴こえる』インタビュー

上海国際映画祭は1993年から行われているアジア圏最大規模の映画祭。『blank13』はこの映画祭で、アジア圏の新人監督作品を対象とした、これからの映画界を担う才能が集まり賞を競う【アジア新人賞部門】に選出され、齊藤監督は【新人監督賞】にノミネートされている。

『blank13』の上映は6月18日で、齊藤工監督、神野三鈴の舞台挨拶を予定。受賞発表は6月23日となっている。

本作は、放送作家のはしもとこうじの実話をもとに、13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族の物語。主人公コウジ役に高橋一生。その彼女役に松岡茉優。失踪した父親役にリリー・フランキー。母親役を神野三鈴がつとめるほか、斎藤自身も主人公の兄役で出演している。