出典:https://www.shutterstock.com

「男は胃袋さえつかんでおけば〜」なんて言いますよね。

嫁スペックで一番求められるのが“料理!”と思っている人も少なくないのでは……?

しかし、それはひと昔前の話。最近は手料理アピールしてもピンとこない男性が多いんです!

今回は20〜30代の男性にその理由を取材してきました。

もう、お料理教室に通うのはやめちゃう?

 

■家で待たれるのが苦痛だから

「同棲していた元カノが毎日、何品も料理作って俺を待っているんだよね……。それが苦痛で。こっちは早く帰れないし、付き合いで急に飲みに行くことだってあるのに、“夕飯いらない”っていうと毎回怒られてかなりイヤだった。」(32歳/証券)

怒っちゃう気持ち分かります! だって、せっかく彼の為に作ったのですから食べて欲しいですよね。できれば出来たてを……、100歩譲ったとしても夕飯は食べずに帰ってきて!と思ってしまいますよね。

でも、そのスタンスが男性には重いんです。彼女の手料理=束縛と捉える男性に料理アピールはゼッタイNGですね。

 

■外食の方が美味しいから

「女性陣にキレられそうだけど、ぶっちゃけ手料理って大してウマくなくない?だから外食すればいいじゃん!って思うんだよね。今は食べたいものを好きな店で食べているから、結婚して家で食べなきゃってなるのは結構ツライかも。」(35歳/外資コンサル)

またこれ、厳しいご意見……。そりゃね、プロが作る料理に比べれば私たちの素人料理なんて美味しくないでしょうよ……。でも、温かみとか愛情とかそういう点では勝っているんですけどね……。

味勝負のグルメさんや高級店に行けるエリートさんにはこのタイプが多いよう。手料理を振舞うより、一緒に一流店を開拓できる肥えた舌をアピールした方が響いてくれるでしょう。

 

■自分で作れるから

「料理、俺作れるもん。彼女にやってもらうより、自分でやった方が量も味付けも好きにできるし良くない?前に付き合っていた子は、怪しげなヘルシー料理ばっかり作る子で超微妙だったよ。」(28歳/損保)

一人暮らし歴が長かった男性が口を揃えていうこのフレーズ、「自分でつくれるから!」。

中には「俺が作った方が美味しいし……」なんていう人も。確かに自分の食べたいものを好みの味付けで作れますもんね。そう言う男性の前では食べる専門で「美味しい―!」と可愛い笑顔で微笑んでいればよろし。女子が美味しそうに食べる姿に胸キュンする男性は多いですよ!

 

■洗い物が残るのがイヤだから

「料理作ってくれるのはいいんだけど、だいたい片づけが苦手な子が多くない?作るだけ作って台所をぐちゃぐちゃにされるのがイヤだ。それなら始めから何もしない方がいい。掃除しているこっちの身にもなってほしいよ。」(27歳/銀行)

キレイにしているキッチンを勝手に使われて汚されたー!と不快に感じる男性もいるんです。彼が潔癖そうなら、彼宅での料理はしない方がいいかもしれません。料理アピールが片づけできないアピールにならないように気を付けましょう。

 

共働きだと結局、お互い外で済ませるというパターンが多いですもんね。

結婚して子供が生まれれば、ママの手料理の大切さに男性陣も気付くのでしょうが、独身の段階では男性が料理に価値観を置かないのもなんとなく納得です。

過度なアピールは男性をゲンナリさせる危険が……。手料理の披露は自分からせず、求められたときにサラッと作る程度に留めておいた方がよいかもしれませんね。

【画像】

※ Nina Buday/shutterstock

【関連記事】

※ あの子かわいいな…!男がコロッとだまされる「あざとい」テクニック

※ どんなに美人でもアウト…!? 男から「恋愛対象外される女」の特徴4つ

※ カレの胃袋を掴め♡男性が思う「料理上手な女性」の条件4つ

※ 肉じゃがもダメ?男子が「本当は食べたくない」彼女の手料理4つ

※ オス的本能を呼び覚ます!男性の恋愛モードに火をつける官能風水

※ 夢見すぎ!恋愛経験が浅い男性が抱く女性のイメージ5パターン