【詳細】他の写真はこちら

こんな船をポンと買える人生が送りたかった……。

ロールス・ロイスといえば、高級車だけでなくエンジンメーカーとしても超一流。航空機から船舶まで、今も昔も英国産業を支えてきました。そんなロールス・ロイスのエンジンを搭載した超高級ヨット『Aeroboat S6』が、イギリスのClaydon Reevesから登場しました。

イギリスの誇りを体現したようなヨット





全長約20mのこのヨット。そのデザインには、かつてロールス・ロイスのエンジンを搭載した戦闘機「スピットファイア」の翼の意匠が取り入れられているそうです。また船体後部からは水辺へと簡単にアクセスできるように階段が展開できるなど、使い勝手にもこだわっています。

これがこの船に積まれるロールス・ロイス製エンジンだ





船を駆動させるのは、2基のロールス・ロイス製「MTU 10V 2000 M96L」エンジン。40ノット(時速約75km)で400海里(約740km)を航行可能です。かつてはスピットファイアを、そして現在でも最新ジェット航空機を空へと押し上げるエンジンがこのヨットに搭載されていると思うと、なんだか胸が熱くなってきませんか?

4人までが寝泊まりできる、高級ホテルのような船内







船内はゴージャスそのもの。シャワーやギャレー(キッチンスペース)が設置され、ギャレー部分はそのまま睡眠スペースとしても利用できます。最大乗船人数は12人で、4人までが寝泊まり可能だそうです。

ああ、このヨットを手に入れられる人が羨ましい





『Aeroboat S6』にはオープンタイプの『Aeroboat S6』、屋根付きの『Aeroboat S6-A』、シェード付きの『Aeroboat S6-B』の3つのバリエーションが登場。ニュースリリースなどをみても価格情報などは掲載されていませんが、きっと目玉が飛び出るような値札がついているんでしょうね……。うっかり、1隻買えないかなぁ。



文/塚本直樹

関連サイト



『Aeroboat S6』製品情報ページ(英語)