恋人と別れてからも友人関係をうまく続けている人を見ると、本当にうらやましく感じるものですが、実際そんな関係になれる人は、ひと握りであることをみなさんもご存じでしょう。
なんとかそんな関係を目指そうとするも、結局は連絡先をキープしていることで自分自身へ悪影響を与えてしまうこともしばしば……。今回は元カレの連絡先&ソーシャルメディアを削除するべきサインを集めてみました。

酔っぱらうと彼にメールしてしまう、そして次の日後悔する

もしあなたが酔っぱらうたびに彼にメールを送ってしまうのであれば、今こそ彼の連絡先を削除するとき。酔いがさめたときに毎度メールを送ってしまったことを後悔しているのであれば、感情の無駄遣いとも言えるもの。携帯電話から彼の番号を削除するだけでは完全な解決方法とは言えないかもしれないけれども、酔っぱらって気軽にメールを送信することは少なくなるはずです。

彼から誕生日メールがくるたびに苦しくなる

別れてからも元カレから誕生日メールがきたりするとうれしいものの、楽しかったころの思い出を毎回思い出して気持ちが苦しくなるというあなたは、もうその番号もブロックしてしまったほうがよいでしょう。彼の方はよかれと思ってやっているものの、あなたにとっていい影響を与えていないのは確かです。メールがはね返ってくれば、彼は「番号が変わったんだな」と思い、それ以上メールをしてくることはないでしょう。

相手が全くこちらに気持ちがないとわかっている

あなたの方に気持ちがあったとしても、相手には全くその気がないときには思い切って連絡先を削除してしまうことをおすすめします。なぜなら、彼の番号があるとあなたは彼から返信がくることを期待して、メールをしたり、してもこない返信をひたすら待ち続けたりしてしまうわけです。また、彼から連絡がくるわけでもないのに、連絡がくるかもしれないという淡い期待を持ち続ける時間は、あなたの人生にとってもったいない時間と言えるからです。

友だちに戻るには早すぎると感じるとき

恋人同士からさくっと友人関係にシフトできるなんてことは、ほとんどありません。友だちになるにはそれなりに時間が必要になるはず。でも、将来どこかのタイミングで彼と連絡をとりたいというときには、どこかに彼の番号を書いたメモを残しておいてもいいので、まずは気軽に連絡することができる携帯電話から番号を削除し、ソーシャルメディアからも彼を削除しましょう。
ソーシャルメディアであなたが彼を削除したとしても、彼はその行動を理解できるはず。ソーシャルメディアはいつだってまたつながることができます。彼の方もあなたとまた友だちになる準備ができていれば、あなたの友だち申請を受け入れてくれるはずです。