イランの首都テヘランにある故ルホラ・ホメイニ師の墓廟付近を飛行する警察当局のヘリコプター(2017年6月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イランの首都テヘラン(Tehran)で起きた同時攻撃事件で同国情報省は8日、実行犯であるイラン人の男5人が、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」にイラクとシリアで合流した後、昨年夏に帰国していたことを明らかにした。

 情報省は声明で、「テロリストの5人はイランを出国後、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)が(イラクの)モスル(Mosul)と(シリアの)ラッカ(Raqa)で実行した犯罪に加わっていた」と明らかにした。

 この声明は、テヘラン中心部の国会議事堂と郊外のルホラ・ホメイニ(Ruhollah Khomeini)廟(びょう)で行われた攻撃の実行犯について、これまで報道されていた6人ではなく5人だったことを示唆している。

 また、情報省は死亡した実行犯らの写真とファーストネームも公表した。

 7日に実行された襲撃では17人が死亡、数十人が負傷した。
【翻訳編集】AFPBB News