見よ、このキラー・スマイルを!

写真拡大

 俳優のディーン・フジオカと女優の貫地谷しほりが8日、都内で行われた映画『結婚』完成披露試写会に来場。客席にはディーンファンの黄色い歓声が響き、中にはディーンの名前や「騙して!」と書かれたうちわをかざす女性もおり、貫地谷は「ディーンさんとアイドルグループを組んでいるような気分でとっても気持ちいいです」と笑みをこぼし、会場を沸かせた。

 本作は、直木賞作家・井上荒野の小説に基づき、完璧なルックスと知性、匂い立つ色気で女性たちを虜にする結婚詐欺師・古海健児(ディーン)と、彼に騙される女たちの姿を通し、人間の孤独や欲望、結婚をめぐる嘘と真実を描き出す、大人のための愛の物語。

 客席から登場し、ファンとハイタッチをしながらステージに上がったディーン。「結婚詐欺は犯罪です」と断言して笑いを誘いつつ、「犯罪者なので、どうしたもんかなと思って……。でも、そういう生き方を選ばざるをえない理由があったし、共感できる部分もあって、関わりたくないけど目をそらすことができない魅力的なキャラクターになればいいなと思いました」と役作りのスタンスを説明した。

 この日は、柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、西谷真一監督も登場し、ディーンのイケメンぶりを報告。柊子は初対面ですぐにディーンとの社交ダンスシーンに挑戦したそうで、「本当に優しくて、何回失敗しても『もう一度やろう』と声をかけ続けてくれました。結局、わたし踊ってないです。全部委ねちゃいました」とディーンが完璧にエスコートしてくれたことを紹介。

 松本は「日本中の女性がディーンさんに来られて(迫られて)断るわけがないので、日本(女性)代表みたいな気分でやらせていただきました」とにっこり。また「(現場では)常にディーンさんのままなので、イジワル心で、歯に青のりとかついていないのかな? って見るんですけど全くないんですよ。常に完璧でいらっしゃって、凄く真摯で、惚れてまうやろ〜という感じでした」と舞台裏の様子を明かし、ファンを喜ばせた。

 そんな女性陣の話を笑顔で聞いていたディーン。最後に、主題歌も担当するなど、全身全霊込めて作り上げた本作に自信をのぞかせると、「この作品を最後まで観終わった時に、みなさんが結婚とは何かと考えるきっかけになればいいなと思います」と心を込めた。(取材/錦怜那)

映画『結婚』は6月24日より公開