5日、韓国・ファイナンシャルニュースは、国のために命をささげた愛国の士らが眠る韓国の国立墓地「顕忠院」に、親日派として知られる人物の墓地が複数ある問題について報じた。写真は韓国国旗。

写真拡大

2017年6月5日、韓国・ファイナンシャルニュースは、国のために命をささげた愛国の士らが眠る韓国の国立墓地「顕忠院」に、親日派として知られる人物の墓地が複数ある問題について報じた。

記事によると、韓国の国立墓地のうち大田(テジョン)顕忠院には、日本統治時代に親日的な活動をした人物の墓が今も多数あるという。日本の憲兵として反日独立運動家らを多数検挙した金昌龍(キム・チャンリョン。1920〜56)、間島特設隊に所属しやはり独立運動勢力の討伐に当たった金錫範(キム・ソクポム。1915〜98)、日本陸軍で中佐を務めた白洪錫(ペク・ホンソク。1890〜1960)などだ。いずれも現在では韓国政府の「親日反民族行為真相究明委員会」により「反民族行為者」と規定された人物だが、戦後、政府の要職に就いたなどの理由で没後国家有功者に認められ、顕忠院に葬られている。

「親日人名辞典」を編さんした韓国の市民団体・民族問題研究所によると、ソウル・大田の顕忠院を合わせると、こうした親日派の墓は現在76。その多くはかつての韓国首脳らの墓がある「将軍墓域」と並ぶ位置にあり、墓域は一般の将校・兵士の8倍、大人の女性の背丈ほどの高さの碑を備えた立派なものだという。

この状況に、研究所メンバーらは金昌龍などの墓を他所へ移設するよう訴えるデモを毎年のように行っているが、「国立墓地法」に妨げられ移設は成っていない。埋葬後に親日行為が発覚したとしても、国が墓を強制移設する根拠にはならないのだ。方法は遺族による自発的な移設のみとの現状に、研究所は、墓の強制移設を可能とする法改正案の国会発議を近く議員に働き掛ける計画だ。

この報道に韓国のネットユーザーからは、「なんというふざけた事態だ!すぐに掘り起こせ」「これは絶対駄目でしょ」「追い出すべき。売国奴がいくら功を成したところで売国奴にすぎない」「こんな人たちを国の有功者にした人間も全員調べるべきだ」「親日行為は歴史における罪だ」など、現状を強く問題視するコメントが多数寄せられている。

また、「こういう点をみるに、韓国は実におかしな国」「この国を正すなら、こういうとんでもないことから直していかないと」「(新政権の外相に指名された)康京和(カン・ギョンファ)候補に外交部長官になってもらって、親日外交を終わりにしよう」などの声もあった。(翻訳・編集/吉金)