<血と埃まみれの姿で世界に衝撃を与えた少年が、見違えるように元気な姿でメディアに登場した。だがシリアの独裁者アサドは、そもそも空爆で傷ついた昨年の動画からして反体制側の捏造だと主張する>

昨年8月、シリア北部の要衝アレッポでの空爆で、負傷した男の子を覚えているだろうか。オムラン・ダクニシュ(5)は、ロシア戦闘機によるとされる空爆の後、瓦礫のなかから救い出された。救急車の中で呆然としたまま一点を見つめる姿は「アレッポの惨状」の象徴として瞬く間に世界中に拡散された。


(救出直後のオムラン)


笑顔を見せるオムラン

今回報じられたのは、あの傷ついた少年からは想像できない、遊びまわるまでに回復したオムランの姿だ。ふっくらした頬に浮かぶ子供らしい笑顔は、恐ろしい体験をしたことを感じさせないほどだ。


空爆の際はオムランの両親と兄弟を含む家族6人は重症を負いながらも全員無事とされたが、AFPによると、重症を負った兄のアリ(10)は空爆の3日後に亡くなった。ロイター通信が伝えた匿名の目撃証言によると、死因は内出血と臓器破損だったという。

アレッポは昨年12月に、独裁者アサド政権率いる政府軍が制圧した。6年にわたる内戦の当初は反体制派が優勢と見られていたものの、ロシアやイランなどの親アサド派から支援を受けた政府軍が武力でねじ伏せた。

【参考記事】「アレッポの惨劇」を招いた欧米の重い罪
【参考記事】シリアの真の問題は化学兵器ではない

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部