上村朋宏キャディ(右)とともに出発する小平智(写真:本人提供)

写真拡大

<全米オープン 事前情報◇8日◇エリンヒルズ>
全米オープン最終予選を突破して初めて本戦の出場権を手にした小平智が8日夕方、成田空港から渡米した。
 
小平智がトップ通過!全米行きを勝ち取った4人はこちら!
今季の小平は未勝利ながら、予選落ちはなく「今はショットの状態はすごくいい」と国内メジャーの「日本プロゴルフ選手権」、「日本ゴルフツアー選手権」でともに3位タイに入るなど、賞金ランキング10位につけている。その勢いのまま、5月22日に小野GCで行われた全米オープン最終予選で1日36ホールの長丁場を戦い、2位に4打差をつけるぶっちぎりのトップ通過で出場権を獲得した。
「早めに現地に入って時差ボケをなくしたり、体調を整えたいです。コースも映像しか見ていないのでコースをチェックして対策を練ったり、会場の雰囲気にも飲まれないように慣れたいですね」と、体調管理などを考慮して開催週の前週に現地入りを決めた。
海外メジャーは2013年、16年の全英オープン(いずれも予選落ち)以来、3試合目。WGCや米ツアーの出場経験も重ね、「年々海外でやれる手応えがあります。初めての全米オープンでひと暴れしたいです」と、海外メジャー初の予選通過、上位進出を自身でも期待をしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>