これから結婚式を挙げるプレ花嫁の皆さまや、いつか結婚式をあげたいと思っている皆さまに質問です。結婚式の準備って、「もう結婚式なんてしたくない! それよりも、結婚自体をやめたいかも!」ともめることもザラにあるということをご存じでしょうか?
大好きな人と行う大切な行事なのに、愛が深まるどころかキズナが薄れるリスクがあるなんて……ちょっと意外じゃないですか?

結婚式準備でのケンカの原因は?

すでに結婚式を終えた花嫁さんたちに話をきいてみると、結婚式の準備を行っていくうえでケンカになってしまう原因はいくつかあるとのことですが、そのなかでも“彼のサポート不足”と“金銭面での折り合い”によるものが2大トップのようです。ということで今回は、このふたつに照準を合わせて話を進めていくことにします。

1. 真剣に話し合う!

挙式で持つブーケはちょっと豪華なものにしたいし、ブーケトスやフラワーシャワーだって欠かせない! 披露宴でもキャンドルサービス、ケーキバイキングなど、やりたいことがたくさんあると思います。しかし、それらのほとんどがオプション。しかも、けっこういいお値段設定になっているという現実……。
追加料金が払いきれないという理由から、金銭面で折り合いをつけるために、やりたかったことをあきらめる花嫁さんも大勢います。しかしここであきらめたことが、のちのちまでシコリとなって残ってしまい、夫婦間でのトラブルにつながることもあるそう。なになら削ってもよさそうなのか、なにが外せないのか――相手任せにせず、ふたりで真剣に話し合いようにしましょう。

2. 役割分担を決める!

男性は自分から進んで動いても「イメージと違う!」と言われて、また一からやり直すのは手間だと考える合理主義の人が多いため、「コレをやってね!」と言われないと動かないことも。
「仕事もあるし、そのほかの準備だってやらなければいけないことが山積みなのに、いちいち指示を出すなんてムリ!」と思った人は、彼にやってもらいたいことを丸投げでお願いしちゃいましょう。彼が得意なことは、初めから彼に(全責任とともに)お任せしてしまえばいいんです。
あらかじめ役割分担とイメージを決めて、任せるところは任せてしまえば、忙しさからくるモヤモヤやイライラはある程度解消されるはずです。

3. 期待せず、準備も楽しむ!

しかしいくら頼んでも、のらりくらりとしたナマ返事ばかりしていて、いっこうに動いてくれない男性もいます。このさい、それならそれでかまわないと開き直ってみませんか? だって結婚式の主役は女性なんですもの。自分が満足できる式にするためだと思えば、どんなに面倒くさい準備だって、きっと笑顔で頑張れますよ!

せっかく行う人生最大の晴れ舞台、せっかくなら全力で楽しみたいものですよね! もしケンカをしてしまっても、あまり時間をおきすぎずにちゃんと仲直りをするようにしましょう。