日々の何気ないシーンでもスローモーションのムービーで見てみると新しい発見があったり感動があったりします。そんなさまざまな気づきをもたらしてくれるスローモーションムービーをいろんなシチュエーションで撮影しまくっているのがThe Slow Mo Guysで、6フィート(約1.8メートル)もある巨大風船に水をパンパンに詰め込んでから割るというムービーを公開しています。

Crushed by a Giant 6ft Water Balloon - 4K - The Slow Mo Guys - YouTube

この2人がThe Slow Mo GuysのGavinさんとDanielさん。



今回は膨らませると6フィートにもなる巨大風船を使ったスローモーションムービーを撮影します。



The Slow Mo Guysはこれまでこの巨大風船を使ってさまざまなムービーを撮影してきたそうですが、そのどれとも異なる最新バージョンがお披露目されることとなります。



というわけで、まずはトランポリンに水をまきます。



この上にDanielさんが寝転び、お腹の上にはホースにつながれた巨大風船が載せられています。



蛇口をクルッと回すと……



風船に水が流れ始めました。それと同時に「家ではまねしないでね」と注意表記が画面上に出てきます。



ゆっくり膨らみ続ける風船。コンパクトなサイズの時点では「オシャレなアクセサリみたい」とのんきに語っているDanielさん。



さらに大きくなってくると「大きい豆みたいだ!」とGavinさんがつぶやき、Danielさんは「冷たいね!」とお腹に載せた巨大水風船について語ります。



風船がさらに巨大になってくると、最初は丸出しになっていたDanielさんの膝が隠れるようになり……



トランポリンがかなり沈んでいることがわかります。



水風船が割れた時ようにゴーグルを装着して……



水風船の下で体をひねったり上体を起こしたりして動こうとしますが、重すぎてまったく身動きがとれないようです。この時点で水風船の重さは500kg以上あるとのことで、身動きがとれないのも当然と言えば当然。



膝がスッポリ隠れてしまうほどのサイズになったころには、Danielさんは水風船の重さで膝の関節に負荷がかかって苦悶の表情を浮かべています。



まだもう少し水が入るようにも見えますが、膝が辛いということでさっそく水風船を割ることに。



風船の表面にドライバーを突き立てると、風船が一気にはじけ……



中の水がゆっくり広がるように流れていきます。



水風船の下敷きになっていたDanielさんは、流れ出す水の中で溺れそうになっていました。







1度は周りに広がった水が、Danielさんのお尻付近にもどってきて、トランポリンの下に流れ出ていきます。



別アングルからスローモーションではなく通常速度で風船を割る瞬間を見ると……



風船が割れるのは本当に一瞬の出来事で、その瞬間にDanielさんが溺れそうになっていたのもウソのよう。



しかし、Danielさんは「オロオロオロ」っと溺れそうになった瞬間のことを思い出しています。



超重量級の水風船が載っていたため、膝にうまく力が入らないDanielさん。



よろよろと立ち上がり、膝の感触を確かめていました。Danielさんの様子を横で見ながら、Gavinさんは「ジェリーレッグだ!」と爆笑。