出典:Nosh

気になる人とのやり取りは、専らLINE。そんな女性は多いのでは?

気軽にやり取りできるLINEですが、何気なく送ったメッセージが、逆効果を生んでしまうことって、案外多いのかもしれません。

LINEの送り方に失敗して、男性との関係が疎遠になってしまうのはもったいないですよね。恋愛上手な人は、LINEの送り方も上手です。

今回は、男性に悪印象を与えてしまう、ダメLINEのやり方を集めてみました。自分がこんな送り方をしていないか、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

■出会って早々、人生相談をする

「悪印象っていうほどじゃないと思うけど。出会って早々に、仕事やプライベートで悩んでいる相談をされると、気になる男性は多いみたいです。暗っぽい雰囲気は誰だってイヤですし、楽しく恋愛したいですもんね。」(27歳/女性/販売)

仕事がうまくいっていない。結婚できるか焦っている。そうした悩みって、誰しもが持って当たり前だと思います。でも、出会ったばかりの男性に、そうした自分を見せてしまうと、恋がしづらくなってしまいます。

男性によっては、「鬱屈した感じがイヤ」「暗っぽくて相手にしづらい」という感想を抱かれてしまうことも。両想いなら、相談内容が仲を深めることもあるでしょう。ただ、片思いの場合は逆効果になる可能性が高いので、相手にアプローチするつもりなら気をつけて。

 

■連続してメッセージを送る

「催促メッセージはイヤかな。返事が遅いのは仕事に追われているか、脈ナシかだろうけど。でも、連続で送っちゃうと、たぶん相手はプレッシャーになるから、逆効果だと思う。」(28歳/男性/サービス)

単に「おはようございます、今日も暑いですね!」というメッセージだけ送っても、相手の好意が薄ければスルーされてしまいます。

ですので、たとえば「○○さん、いまから仕事帰りですか?お疲れ様です。」「アニメ好きって聞いたんですけど、いま見ているアニメって何かありますか!?」みたいに、会話を膨らますとか。

相手が返信したくなるように工夫してみて。すると彼からの返信率も上がりますし、連続してメッセージを送って、相手をイライラさせることはなくなるはずです。

 

■構ってちゃんモードである

「好意が丸見えだと、男は魅力を感じづらいと思います。“男には追わせろ”って言うけど、好きな人を夢中にさせるためにも、好意は見せすぎない方がいい。」(27歳/男性/IT)

好きな人とLINEできることが嬉しくて、「今日は○○を食べたよ〜」「○○に行ってきた!」など。自分の出来事だけを、つい伝えてしまう女性って多いのでは。両想いの場合ならそれでもいいですが、片思いの場合は相手を振り向かせなければいけません。

同じ要件なら「先週、○○にオープンしたお店に行ってきたんですけど、すごく良かったですよ」など。構ってちゃんモードは封印して、自分が率先して彼を引っ張るのです。いかに自分を魅力的に見せるかが、相手を振り向かせるコツですよ。

 

LINEの送り方ひとつでも、アプローチの上手い下手が出てしまいます。ぜひ愛しの彼のハートをゲットするべく、印象のいいLINEを送りましょう。

【関連記事】

※ いきなり彼女ヅラ?アラサー男がドン引きした女子の勘違いLINE

※ これ、いつ終わるんだよ…男に実は嫌がられているダメLINE

※ 拷問だぁ〜!男子が返信に困る「女子からのLINE」4選

※ 画像加工しすぎだろッ!男性にドン引きされるLINEのプロフィール

※ 質問攻撃はやめてー!彼氏にうんざりされないLINEのコツ