今週初めにオーストラリアのシドニーを訪れたハリー王子。現地の人々から大歓迎を受けたそう。王子は兵役中に負傷した退役軍人たちのオリンピック「インヴィクタスゲーム」の開催に取り組んでいるけれど、2018年の大会はシドニーで開催される予定。今回はその準備とPRのために訪れたとか。 ヘンリー王子がシドニーに到着した日、現地はあいにくの雨。でも王子は集まった人たちと話をしたり一緒に写真を撮ったりと交流を持っていたそう。中には2015年に王子がシドニーを訪れたときにも駆けつけ、王子にハグをしていた97歳のおばあさんも。王子はおばあさんのことをちゃんと覚えていて、今回もハグしていたそう。さらに今回は雨に濡れた王子のためにティーカップに入れたお茶とチョコレートビスケットを持ってきていた女性まで! この女性は近くのカフェのウエイトレス。新聞「デイリーメール」に「ハリー王子にお茶とスコーンを持って行こうって決めていたの。男性の心をつかむには胃袋からっていうから」とコメントしていたそう。 先月はマンチェスターで、そして今月に入ってからもロンドンでテロ事件が起きたイギリス。ハリー王子は「先月、爆弾によってマンチェスターの人が、人生が変わってしまうような傷を負ったときインヴィクタスのメンバーを含め負傷した軍人たちは、回復していく中で必要な支援やアドバイスを提供しようと申し出てくれた」とコメント、テロで傷ついた人も団結して支えていく姿勢を示したそう。 これまでもインヴィクタスゲームの開催のために熱心に活動してきたハリー王子。2018年の開催からは新たな競技としてセーリングも加わるそう。王子の活躍と来年の開催を楽しみにしたい!

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka