喜ばしいことなんだけど...

写真拡大

「ジューンブライド」の言い伝えがある6月は、周りから結婚の報告が多くなる季節ですよね。ひと昔前は本人から直接報告を受けたり、結婚式の招待状や年賀状で知ったりというケースが多かったものですが、最近ではSNSで知ることが増えたという人も少なくないのでは?

それを裏付ける調査結果をブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」が発表しました。結婚報告について男女500名に調査した結果、男女ともに40%以上が「SNSで報告する」と回答したのです。

何とも喜ばしい報告のはずですが、周りには「幸せアピール」と取られることがあるのも事実。実際に報告される側は、どう考えているのでしょうか? 実は意外なところが引っかかっているようで...――。

「婚テロ」に落ち込む人も

調査ではまず、男女500人に「あなたはプロポーズされた(した)報告をどのSNSで行いますか(行いましたか)?」と質問。すると、男女とも「LINE」での報告がトップとなり、2番目には、女性は「Instagram」、男性は「Facebook」がそれぞれ続きました。

男女とも4割以上が何かしらのSNSを選択しており、SNSでの結婚報告が主流になりつつあることがうかがえる結果となりました。

投稿内容としては「エンゲージリングの写真と共に投稿(45.2%)」が1位、「婚約相手とツーショット写真と共に投稿(33.9%)」が2位になりました。

確かにタイムラインに流れてくる投稿は、こうした幸せいっぱいのものが多いですが、一方でSNSでの結婚報告は「婚テロ」とも言われ、SNS疲れの原因になるとの指摘もあります。

実際に、受け取る側である「友達」や「フォロワー」はどう感じているのでしょうか? ツイッターを検索してみると、

「最近は婚テロが多くて、精神的に爆死してる」
「Instagramで結婚報告を見てしまい無事SNS病み期に突入した」
「他人の幸せには特に関心が無かったけど、人生に疲れ始めるとだんだん羨ましく見えてくるし人間は脆弱である。とりあえずfacebookで結婚報告するのやめて」

と、気分が落ちてしまった人々のホンネがいくつも散見されました。

「なんで結婚だけ気取ってんの?」

加えて目立ったのが「私事ですが...」から始まる投稿についての"ある指摘"です。

「フェイスブックで『私事で恐縮ですが〜〜です今後ともお願いします』みたいな感じで投稿する奴いるけど(結婚報告とか婚約報告とかに多い)、私事以外をSNSに投稿してんのかと問いたい」
「フェイスブックなどで『私事で恐縮ですが』って言葉を見ると、8割方結婚報告なんだけど、お前が私事以外の投稿してるところ見たことねえよ、と突っ込みたくなる」
「何故Facebookでは結婚報告だけ『私事ですが......』って始まるんだ。君のひとつ前の投稿『地元!安定の爆メンで焼肉!』とかの方がよほど私事なのでは。ていうかSNSなんてほぼ私事なのでは。何故結婚だけ気取るんだ」
 

確かに、職場などへの報告としては正しいとされている書き出しですが、プライベートな出来事を投稿することの方が圧倒的に多いSNSでは、違和感を覚えるというのは大きく頷けます。結婚報告の前に「今日のランチ」が投稿されていたら、「ランチの内容の方がもっと私事ではないのか?」と少し意地悪になってしまう気持ちもわからないではありません。

この「私事で...」のフレーズは、芸能人やスポーツ選手などの有名人がSNSで結婚報告をする際に使う「常套句」でもあるため、多くの人が自然と受け入れて、自分の報告でも使っているのかもしれませんね。

SNSには、

「結婚しました!みたいな簡潔な報告なら素直におめでとうってなるけど、私事ですが〜から始まる長々とした結婚報告めっちゃ嫌い。お前のツイート全部私事でしかないやろ芸能人みたいに改まりやがって〜〜って思う」

との意見もあったので、「友達」や「フォロワー」から内心でツッコミを入れられたくない人は「あっさり」「簡潔」を心がけるのが得策かもしれません。