世界大学ランキング  台湾トップは台湾大の76位

写真拡大 (全2枚)

(ロンドン 8日 中央社)英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)が8日に発表した最新の世界大学ランキングで、台湾大学(台北市)が台湾の大学として唯一上位100位以内に入り、76位だった。台湾からは同校を含む10校が上位400位にランクインした。

同調査は今年で実施14年目。研究者からの評価、企業の評価、学生1人当たりの教員数、教員1人当たりの論文引用数、外国人教員比率・留学生比率などを基準に世界の大学を評価するもので、世界1位は6年連続で米のマサチューセッツ工科大学だった。

上位400位入りした台湾の大学は、▽台湾大学(台北市)76位 ▽清華大学(新竹市)161位 ▽交通大学(新竹市)207位 ▽成功大学(台南市)222位▽台湾科技大学(台北市)264位 ▽台湾師範大学(台北市)289位 ▽陽明大学(台北市)329位 ▽中山大学(高雄市)388位 ▽中央大学(桃園市)391位▽台北医学大学(台北市)398位。

上記のうち、台湾大学(昨年68位)を含む多くの大学が昨年より順位を落としており、順位を上げたのは成功大学(同241位)と台湾師範大学(同310位)の2校のみだった。

(編集:塚越西穂)