アメリカ・フロリダ州にある列島フロリダキーズの海中でParker Simpsonさんがサメに襲われました。2メートル以上もあるサメがSimpsonさんの方にやってきて襲われるまでの一部始終がカメラに収められており、自分の身に同じことが起こったら、と想像するとぞっとする映像になっています。

なお、映像にはサメに襲われた際の生々しい傷が写っているので、ムービーを再生する際には注意してください。

Attacked By 8ft Shark Spearfishing || Florida Keys 2017 - YouTube

ムービーに写っているのは銛を持った人々。



左手に魚を持っていることから、海中でのスピアフィッシングを楽しんでいた様子。



ゆったりと泳ぎ、途中までは何の危険性も感じないのですが……



ふとカメラの向きが変わった時に、巨大なサメの姿が写り込みます。このサメは7〜8フィート(2.1〜2.4m)のペレスメジロザメだと見られています。



しかもサメはゆっくりと向きを変え……



こっちに向かってきます。カメラを装着した男性は必死に足を動かしてサメから逃れようとしています。



しかし、サメはどんどん距離をつめ……



男性がもがき始めました。海中なので叫び声などもなく、海面が泡立つだけで、襲撃されても非常に静かなのが逆に恐怖をあおります。







気づいた時には、男性の左手にあった魚は消えており……



足を負傷しているのがわかります。



以下の画像には男性の足が負傷している様子がはっきりと写っています。画像をクリックするとモザイクが外れます。



いったん顔を上げ……



再びもぐります。サメが再びやってくるのを恐れているのかのよう。



画像には何も写っていないように思えますが、何かを指さす場面も。



「ジャスティン、銃を持ってきてくれ!足をやられた!」と叫び声を上げる男性。



船はまだ遠くにあります。



必死に噛まれた足を押さえます。



別の男性がやってきて……



傷口を目にします。



そして男性の助けを借りながら移動。



ようやく船に到着しました。



自力では船に上がれず、女性の助けを借ります。海面にあがると、水中では聞こえなかった傷を負った男性の苦しげなうめき声がムービーに収められるようになります。



サメに噛まれた傷を見た人々が思わず「Oh fuck!」「Holy shit」と声を上げてしまうほど。



カメラを取り外し……



痛々しい傷が攻撃の激しさを物語りました。



傷を負ったParker Simpsonさんは、その後、病院に向かい治療を受け事なきを得ましたが、サメの攻撃によって1リットル以上の血液を失っていたとのこと。サメはSimpsonさんが持っていた魚を狙っていたようですが、魚を手放した後も攻撃は続いたとSimpsonさんは語っています。