ホ・ガク、ソウル梨泰院で11日街頭公演を開催!誰もが観覧できる公演への“こだわりと思い”

写真拡大

公演会場ではない。チケットがなくても誰もが見られる。街角で歌手ホ・ガクの公演を観覧することができる。

ホ・ガクは11日午後3時、ソウル梨泰院(イテウォン) で街頭公演を開催する。今月2日、水原(スウォン) ナ・へソク通りに続いて2回目だ。

2010年にデビューして以来、着実な活動で知名度を上げたホ・ガクは、放送の代わりに街頭公演を好むことが知られた。「ファンとより近くで歌いたい」というのが、ホ・ガクが街頭公演にこだわる理由だ。

ホ・ガク側の関係者は「ホ・ガクが歌を始めると、多くの人が集まった。ファンではない一般市民の足も止まるほど、ホ・ガクの歌唱力はすごかった。ホ・ガクの切ない歌声に涙を見せたり、楽しい曲には大きな呼応を見せた」と説明した。

ホ・ガクの街頭公演は水原に続き、ソウルの梨泰院などでこれからも続けられる予定だ。