仏パリ市内で、スライスされたトマトにかじり付くネズミ(2016年12月15日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ミャンマー南部の村に数千匹規模のネズミが襲来し、地元住民らは迫りくる大災害の前触れなのではないかと心配しているという。地元の当局者が6日、明らかにした。

 先週末、イラワジ川デルタ地帯(Irrawaddy Delta)に位置するハインギー島(Haingyi Island)の村々にネズミが大挙して押し寄せ、住民たちはそれ以来ネズミ退治に悪戦苦闘しているという。

 困った地元当局は事態の収束を図るため、住民にネズミ1匹の死骸ごとに50チャット(約4円)の報酬を支払う措置を取った。地元選出の国会議員はAFPに対し、「ネズミが村々に侵入し始めてから4000匹以上が駆除された」と明らかにした。

 またこの議員によると「昔からの言い伝えでは、ネズミは悪天候を予知できるとされていて、人々は洪水や地震も起こるのではないかと心配している」と話した。

 ここ数日、ミャンマー国内で特に目立った地震活動は観測されていないが、日本の科学者らの研究によると、大規模な地震が起きる前にしばしば発生するのとよく似た電磁波に、ネズミは敏感に反応するという。
【翻訳編集】AFPBB News