神戸のMF高橋秀人とDF岩波拓也がともに全治約6週間の負傷

写真拡大

[故障者情報]

 ヴィッセル神戸は8日、MF高橋秀人とDF岩波拓也の負傷を発表した。

 高橋は神戸市内の病院で検査を行った結果、右膝内側側副靭帯損傷と診断され、全治は受傷日より約6週間の見込み。5月31日にデンカビックスワンスタジアムで行われたルヴァン杯グループリーグ第7節・新潟戦の試合中に負傷していた。

 また、5月28日にノエビアスタジアム神戸で行われたJ1第13節・C大阪戦の試合中に負傷した岩波は、左ハムストリング肉離れと診断。全治は受傷日より約6週間の見込みとなっている。

 神戸は7日にもDF橋本和とDF高橋峻希が全治約8週間の怪我を負ったことを発表しており、主力級の選手たちが相次いで戦線離脱する事態となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ