トヨタ、「ハリアー」をマイナーチェンジ 「Toyota Safety Sense P」とターボエンジンを搭載して発売

【ギャラリー】TOYOTA HARRIER 201730


トヨタ自動車株式会社は、ハリアーをマイナーチェンジし、全国のトヨペット店を通じて6月8日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、「ハリアーネスのさらなる進化」をテーマとした。動力性能では、滑らかで爽快な加速感を実現する2.0L直噴ターボエンジン「8AR-FTS」を新採用し、スポーティさを追求。ツインスクロールターボチャージャーと、可変角を拡大したDual VVT-i(吸気側VVT-iW)を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現する直噴技術「D-4ST」を採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを実現している。さらに、トランスミッションには6 Super ECTを搭載するとともに、マニュアル感覚のシフト操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを採用。素早い変速とスムーズな加速を実現した。

フロント・リヤにパフォーマンスダンパーを搭載し、車両のロール剛性を上げることで、高速走行時における優れた直進安定性や操縦安定性を確保。走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加し、より力強い加速感とスポーティ感あふれるハンドリングを両立させた。


より進化した都会的なエクステリアでは、右左折の際に16灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光る、シーケンシャルターンランプをフロントに採用。先進性を強調するとともに、周囲からの被視認性を高め、安全性の確保に寄与している。また、ヘッドランプ点灯時にウィンカー操作やステアリング操作と連動して点灯するLEDコーナリングランプを設定。交差点への右左折進入などの際、歩行者や障害物に対する視認性の確保に貢献している。


インテリアには、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用したシート表皮などを採用し、「本物感」から「本物」を追求したインテリアを実現した。

さらに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする安全装備の充実を図るなど、細部にわたる改良を施している。シフトレバー操作と連動して自動的に作動と解除を行える電動パーキングブレーキを新たに設定することにより、「HOLD」スイッチを押し、システムONの状態にしておくことで、渋滞や信号待ちなどでブレーキを踏んで停車した時にブレーキを保持することが可能。

また、インテリジェントクリアランスソナーの機能を強化することにより、ワイパー高速作動時や、低速走行時などのアクセルが踏まれない場合でも作動。超音波センサーを8個に増やすことで、右左折時やハンドルが切れている状態でも衝突緩和が可能となった。


快適装備として、T-Connect SDナビゲーションシステムのディスプレイを9.2インチに拡大することで視認性に配慮したほか、スイッチ操作で自動的に開閉できるパワーバックドアに予約ロック機能を追加し、バックドアが閉まりきるのを待たずにロックが可能。マルチインフォーメーションディスプレイでパワーバックドアの開度を5段階で調整可能なほか、好みの高さを記憶させることも可能とし、利便性を向上させた。

また、ドアミラーにエンブレムマーク付ドアミラー足元照明を設定し、ハリアーの象徴である鷹のエンブレムマークを映し出すことで、夜間の乗降時に遊び心を演出。さらに、フロントシートにシートベンチレーション機能を設定したほか、パワースイッチのON、OFFやシートベルトの脱着によって運転席のシートが自動的に前後にスライドし、スムーズな乗降をサポートする運転席オートスライドアウェイ機能を設定している。

【ギャラリー】TOYOTA HARRIER 201730


■価格・グレード


ハリアー
http://toyota.jp/harrier/

トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp/