中国の経済発展と世界との繋がりがますます密接になるにつれて、中国で学習・就職・生活・観光旅行を行う外国人が増加している。国連の統計データによると、中国で居住する外国人は、1990年には37万人だった。

写真拡大

中国の経済発展と世界との繋がりがますます密接になるにつれて、中国で学習・就職・生活・観光旅行を行う外国人が増加している。国連の統計データによると、中国で居住する外国人は、1990年には37万人だったが、2015年には97万人に増加、年平均増加率は2.4%に上った。

微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」や海外のSNSサイトにおいて、外国人が中国についてしきりに褒めていることに誰もが気づいているだろう。外国人の称賛の対象となっているのは、美しい自然の風景、悠久の文化、人を虜にするグルメだけではない。中国人のライフスタイル、社会の治安・管理、一般市民の文明的素養、国家の革新的発展なども、ますます多くの注目や称賛の的となっており、称賛の数は多く、評価は高い。このような状況について、ある中国人ネットユーザーは、「海外では中国に対して、『海外ボランティアのようだ』というイメージもある」とコメントしている。

どのような経緯やエピソードから、外国人は積極的に中国に高評価をつけているのだろう?ごく普通の外国人に接近して、彼らの率直な感想を聞いてみると、自分の国家や時代に対する我々中国人の認識が、さらに広範囲なものとなった。

〇「世界中が、中国人の全身全霊で物事に取り組む精神を学ぶべき」
マシュー・セッションズさんは、米国ユタ州出身の大柄で陽気な男性だ。2016年8月、北京語言大学予科教育学院に入学した。中国名は劉馬賽。マシューさんは次の通り話した。

「外国人にとって、中国で住むことは、中国語を学ぶ上で絶好のチャンスだ。さらに、ビジネスや科学技術など、自分が興味を抱いているさまざまな分野に足を突っ込むことができる。中国は、これらを学ぶのに最適な場所の一つだ。中国に来て最初の2カ月は、テンポの速い生活のリズムに慣れるのに最も苦労した。だが、だんだんと適応できるようになった。中国での生活は、不思議なほど便利だ!淘宝網でのネットショッピングやオンラインでの出前注文が大好きになった。驚くべき生活の利便性とスピード性は、実に素晴らしい」。

「ああ、それから、微信(Wechat)ペイメント、アリペイ、シェア自転車、タクシー配車アプリ『滴滴打車』もある。米国でもこのようなアプリやサービスがもっと開発されることを切に願っている」。

ここまで話したマシューさんは、非常に興奮した面持ちで、「中国での生活は、あまりにも便利すぎる!」と2度繰り返した。そして、シェア自転車サービスについて、「北京では、どこででもシェア自転車を利用することができる。便利で安いだけではなく、このアイディアは本当に素晴らしい!」と続けた。マシューさんには、米国に留学した中国人の友人がたくさんいる。「彼らは渡米後、中国に居た時ほど便利ではなくなったことを感じ、適応できずにいるようだ。この分野では、米国は中国に遠く及ばない」とマシューさん。

マシューさんは、中国の文化が極めて受容度が高く、外国人は中国で非常に快適に生活できると感じている。「どこに行っても、中国の人々は僕を歓待してくれる。中国人はとても開放的かつ友好的で、進んで他人を助けてくれる。道で誰かを捕まえて質問をしても、相手がどんな人でもすぐに僕を助けてくれる」と彼は話す。授業のない時、マシューさんはよく友人とシャオチー(軽食)を食べに行く。何時に出かけようと、安全面での心配は無用だという。彼は、「いかなるときでも、僕は身の安全については心配していない」と述べた。

マシューさんは中国人について、「勤勉な国民」という深い印象を抱いている。彼は、「今までに、中国人ほど努力を怠らずに仕事をしている国民は見たことがない。僕は、仕事や学習に対して全身全霊で取り組む中国人の精神を、世界中の人々が見習うべきだと思っている」と強調した。(提供/人民網日本語版・編集KM)