初めて会ったときは好感触で、連絡先やSNSを教えた途端にパッタリと連絡が途絶えてしまった……なんて経験はありますか? 「あんなにいい感じだったのになんで!?」と思っても、心当たりがあるのはSNSくらい。そう、そのSNSこそ、フラれた理由だったのかもしれません。
そこで今日はアラサー男子たちに、SNSでドン引きした記事について聞いてまいりました。うーん、やったことあるかもしれない……。

盛りまくっている大量の自撮り写真

・ 「盛りまくってどう見たって別人の写真をアップしていて、それをフォロワーがかわいいって言っているやりとりを見て、『この人たち、大丈夫かな?』って思ってしまったことがある。俺はそのままの顔で十分だと思うけど。そういうのって、ぜったい、本心でかわいいって思ってないっしょ?」(営業/35才/男性)

▽ 男性は、自撮りの写真を連続して投稿しているのを見て、「この子いいかも」とは思わないようですね。写真の修正があるかどうかもチェックされているようです。自撮りの写真を投稿すること自体は悪くないですし、写真をアップするならキレイな写真の方がいいでしょうに。
女子の間での「かわいい」の言い合いをうっとうしいと思う人もいるようです。思わぬところで引かれても残念ですので、気になる男性にSNSを教える前に、過去の記事は整理したほうがいいのかも。

ポエムや自己啓発的な記事

・ 「自分の世界が全開の子って、つき合うのは難しそうって思ってしまう。気になった子のフェイスブックを見たときに、ポエムが書いてあって一歩引いてしまった」(コールセンター/29才/男性)

・ 「自己啓発の本みたいな内容を書いている子って、暑苦しいなって思ってしまう。わざわざそういうこと記事に書かなくてもいいじゃんと思う」(建築系/25才/男性)

▽ 厳しいご意見ですね。あまり自分の内面をさらけ出すと、万人からのモテからは遠ざかってしまうようです。けれど、自分の思ったままをつづった結果で引かれたのであれば、合わなかったということでよいのでは?

露出高めの写真

・ 「合コンで知り合った子のSNSの写真は、ショートパンツの脚線美を強調したものだったり、胸元のアップだったり、エロかった。そういう露出度高い写真をのせている子は、彼女にはなりえない」(保険関係/29才/男性)

▽ 男性ウケを狙いすぎるのも、よろしくないようです。サービスは本命だけにしたほうがいいみたいですね。

更新が頻繁すぎる記事

・ 「友達の紹介で知り合った子のSNSが、更新頻度がハンパなかった。1時間おきとか。自分の彼女になったときに、この頻度でラインや電話がくると思ったらゾッとした」(自営業/30才/男性)

▽ 「毎日の更新でもうざったいと思ってしまう」との声も。数日間あけるか、アップするにしても限定公開をしたほうがよさそうです。うーん、しがらみが多い……。

男性フォロワーから絶賛されている記事

・ 「大学の同窓会で再会した女の子のSNSのフォロワーがほぼ男性で、しかもコメント欄にも『かわいい』とか『彼女にしたい』とかそういう類いのものばかりでげんなり。確かにかわいい子なんだけど、その記事をみた時点で冷めました」(出版/25才/男性)

▽ 意外とチェックされている、コメント欄やフォロワーさんたち。どんな人とつながっているのか、気になるようですね。リップサービスもほどほどにしておかないと、本命を逃してしまうことにもなりかねないようです。

いかがでしたでしょうか?
心当たりがないのに相手から距離を置かれてしまったら、何かしらの原因があるものです。離れていってしまった人の心はどうしようもありませんが、次に出会う方のためにもできることがないかどうか、見直しておくのもいいかもしれません。
あらぬことで誤解をされて、チャンスを逃すなんて悔しいですものね! あなたにステキな出会いがありますように!