G-DRAGON、タイトル曲「無題」MVはデビュー以来最短時間で撮影

写真拡大

本日(8日) 午後6時に公開されるBIGBANGのG-DRAGONのソロアルバムと関連し、YG ENTERTAINMENTがタイトル曲「無題」のミュージックビデオ撮影現場のエピソードを伝えた。

タイトル曲「無題」のミュージックビデオはこれまでBIGBANG、G-DRAGONと多数のMVを作ってきたハン・サミン監督がメガホンを取った。

「無題」のミュージックビデオは切ない歌詞の感情をうまく表現しなければならず、最初から華やかなセットや舞台照明なしでG-DRAGONの表情と細かな感情を納めるためクローズアップ中心に撮影する計画だった。

ミュージックビデオは2日間の撮影期間中様々なセットを準備し、数十回以上撮影し、その中で一番よくできたものを編集して使う計画だった。しかし、G-DRAGONが1時間にも満たない、たった1回で撮影を終え、全ての撮影が終了した。

これはBIGBANGデビュー以来最短時間のミュージックビデオ撮影時間で、業界でも稀なケースだ。ミュージックビデオはセットの変更だけに数時間もかかるため普通2〜3日に渡って撮影が行われることが普通であるためだ。

最初のセットの前でカメラが回ると、監督は途中で「カット」と叫ばず、楽曲が全部終わるまで撮影を止めなかった。

最初の撮影が終わるとハン・サミン監督は「これ以上撮る必要はないと思う。明日使う別のセットをいくつか準備しておいたが、もう撮らなくていいと思う」と言い、2〜3回の追加撮影だけ行い、全ての撮影を終えたという。

最初に撮影したものが非常によかったためあえて編集せず、ワンテイクにしてもよいと判断したためだ。

ワンテイクとは編集によるカット割りをせず、ひとつながりで撮影する方法のことをいう。これはカメラの動きを徹底的に計算すべきで、歌手の動作と演技が少しだけずれても最初から撮り直さなければならない難しい撮影方法だ。

最近だと、映画「ラ・ラ・ランド」のオープニングでたくさんの人が出て高架道路で踊っていたシーンの撮影方法がワンテイクだった。

最高のアーティストと評価されるG-DRAGONが果たしてカメラの前でどんな演技を、表情を見せたため監督がたった1回の撮影でOKサインを出し、予定しなかったワンテイク技法のミュージックビデオを公開すると言ったのだろうか。これは、本日午後6時、4年ぶりに発売されるG-DRAGONのソロアルバム「クォン・ジヨン」と共に公開される「無題」のミュージックビデオで確認することができる。続けて6月10日にはソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場でソロワールドツアーが開催される。