ノリート、イングランドでの生活に馴染めず…「まるで洞窟に住んでいるかのよう」

写真拡大

▽マンチェスター・シティのスペイン代表FWノリート(30)は、イングランドでの生活に馴染めず、クラブを離れたがっているようだ。イギリス『BBC』が、スペインのラジオ局『エル・トランジスタ』の放送を引用して伝えた。

▽ノリートは、2016年7月に1380万ポンド(現在のレートで約19億6000万円)でセルタからシティへ移籍。加入後は公式戦30試合に出場し、6得点を記録した。シーズン序盤は順調かに思われたが、徐々に出場機会を失い、プレミアリーグでの先発出場は、2016年12月26日のハル・シティ戦を最後に消滅。リーグ後半戦の先発出場数は、0回となってしまった。

▽クラブに不満を抱えたノリートは、以前から退団願望を漏らしており、セビージャやセルタ等、スペインのクラブへの移籍が取りざたされている。母国のクラブばかり、移籍先の候補として浮上することの背景には、イングランドそのものに馴染めていない、という理由があったようだ。

▽『エル・トランジスタ』の番組に出演した際、ノリートは以下のように辛い心情を吐露した。

「英語はほとんど学べていない。難しいんだ。『tomorrow』、『good morning』、『good afternoon』(といった挨拶と)、その他は少しくらい(しか分からない)」

「(イングランドの気候のせいで)娘の顔の色が変わったよ。まるで洞窟に住んでいるかのような感じなんだ」

「今は契約中だから、決めるのはクラブだよ。でも、去りたいとは思ってる」