中国のインターネットメディアで今日よく読まれている記事をお届けします。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 ■250万円分の札束がカビだらけ!
 
 自宅の車庫が水漏れした際、そこに16万元(約250万円)分の札束を置きっぱなしにしてあることをすっかり忘れていた長春市に住む男性。あっ!と思い出した頃にはすっかり紙幣はカビだらけ。市内の銀行で換金しようとするも各所で断られ、ようやく中国工商銀行に持ち込めた。真っ黒く汚れて異臭を放つ紙幣を水洗いした後、沸騰したお湯で更に2度すすいだところ、だいぶきれいになったそうだが、30年以上銀行に勤務する行員も、このようなケースに遭遇したのは初めてとのこと。
 
 ■あわや大事故、道路にうずくまる女性
 
 深夜12時ごろ、重慶市の道路の真ん中でわんわんと泣いている女性が。あやうく轢きそうになったドライバーが、彼女をライトで照らして守りながら警察を呼び、落ち着いて話を聞いてみると、夫婦喧嘩で家を飛び出した奥様だったそう。車通りの少ない時間とは言え、大事に至らずよかったですね。
 
 ■中国の数学教材がロンドンでブーム
 
 中国の子どもの数学の学力レベルはイギリスの子どもに比べて3年分上回っているとの調査報告があり、「上海スタイル」の学習教材を取り入れる目的でイギリスの出版社と上海の出版社が契約を締結したと報じている。英語で九九を唱えたらどんなリズムになるのでしょう?
 
 ■悲劇! おじいちゃんの売上金、全部偽札だった
 
 朝も暗いうちから街で野菜を売り歩く安徽省のおじいちゃん。時々訪れて100元札で代金を支払うお客を「小銭がさばけてありがたい」と思っていたのだが、半年後、売上が1500元(約2万4000円)になったところで銀行へ行くと、全て偽札だったことが発覚した。涙が止まらないおじいちゃんに、「何とかしてあげられないの?」というネットユーザーのつぶやきが多数流れている。
 
 ■大学受験生を天気も応援
 
 今月7日から9日まで開催される中国の大学入試試験。この期間中の中国国内の天気は各地ともほどよく、高気温が予想されるところはないとのこと。頑張れ受験生!(イメージ写真提供:123RF)