就活スタイル編集部

写真拡大

就活の面接では、よく聞かれる定番の質問がいくつかありますよね。そのような質問に対する回答は、事前に準備しておくと気持ち的にも楽に面接に臨めるものです。今回は、就活経験のある若手社会人のみなさんに、就活の面接で必ず聞かれた質問について調査しました。

<就活の面接でよく聞かれる質問20>

1.「長所はなんですか?」
・その人の強みがわかるから(女性/26歳/金融・証券)

【大学生向け診断テスト】就活でよく聞かれる「あなたを色に例えると何色?」

2.「短所はなんですか?」
・自己分析の結果を求められる(女性/23歳/勤続・鉄鋼・化学)

3.「大学時代に一番努力したことは?」
・研究だけでなく実学となるような活動をしていたことを話した(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)

4.「なにか質問はありますか?」
・ありませんと答えることもあった(男性/32歳/情報・IT)

5.「志望動機を教えてください」
・大事なことだから。事業内容に興味を持っていることを伝えた(女性/28歳/その他)

6.「健康について」
・病気なく役立てると回答した(男性/26歳/通信)

7.「強みと弱みを教えてください」
・どの面接でも最初のほうに聞かれたことだから(女性/26歳/その他)

8.「どうしてその専攻にしたのですか?」
・資格がほしかったと正直に答えた(女性/22歳/情報・IT)

9.「趣味はなんですか?」
・いつも聞かれるので、記憶に残るような趣味を考えていた(男性/28歳/団体・公益法人・官公庁)

10.「体力はありますか?」
・自信があったので胸を張って答えていた(男性/26歳/金融・証券)

11.「恋人はいる?」
・プライベートなことを聞かれる質問もあった(女性/24歳/医療・福祉)

12.「あなたの夢は?」
・夢とその実現についてよく聞かれた(男性/26歳/金融・証券)

13.「他に内定はもらっていますか?」
・もらっていない点をアピールして、その会社に入りたい意気込みを伝えた(女性/23歳/その他)

14.「あなたの得意なことは?」
・柔軟な対応ができることをアピールした(男性/25歳/自動車関連)

15.「大学時代一番努力したことは?」
・学生時代の話をして、いかにそれが今の自分を作ったかを伝えるようにしていた(女性/24歳/情報・IT)

16.「大学時代どんな活動をしてきましたか?」
・研究だけでなく実学となるようなことをアピールするようにした(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)

17.「その研究はなんの役に立つのですか?」
・嫌がらせの内容だと思ったが、ちゃんと説明して理解してもらえるように頑張った(女性/24歳/運輸・倉庫)

18.「あなたが一番自慢できることはなんですか?」
・どの面接でも最初のほうに聞かれた(男性/28歳/運輸・倉庫)

19.「あなたのPRをしてください」
・粘り強さだと言い切った(女性/31歳/団体・公益法人・官公庁)

20.「あなたの興味のあることはなんですか?」
・なにしろその業界で働きたかったので、その企業の得意分野に興味があることを強調した(男性/28歳/食品・飲料)

多くの回答を集めたのが「長所と短所」「志望動機」ということで、まずはこれらを自己分析しながらどのように答えるのかについて考えておくのは必須のようですね。

いかがでしたか? 面接では予期せぬ質問を受けてびっくりしてしまう場合もありますが、それでもできるだけ質問内容を想定して、回答を準備することでスムーズに受け答えができる可能性が高まります。まずは今回挙げられた質問への回答を考えてみてはいかがでしょうか?

文●ロックスター佐藤

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年6月 
調査人数:就活を経験した社会人5年目の男女202人(男性82人、女性120人)